老いたから遊ばなくなるのではなく、遊ばなくなるから老いるのだ!

カナダに住んでいると、友達や職場の人に『何歳?』と聞いたり、聞かれたりする習慣がないので、自分の年齢をあまり意識しない気がする。

だから20代から40代までぜんぶごっちゃになって飲んでたり、話しをしたりする。年齢の区別がなく一緒に遊んだり、語ったりできるのはなんだか心地がいい。

アイルランド出身の劇作家、ジョージ・バナード・ショーの言葉でこんなのがある。

“We don’t stop playing because we grow old; we grow old because we stop playing.”       -George Bernard Shaw
MessageImage-1

この遊ぶこと(Playing)には色々な意味が含まれていると思う。子供のように、好奇心を持ち、探求したり、チャレンジしたり、学んだり、何かを変えたり、見つけたり…

『もう〜歳だからな…』
と歳を言い訳にして、自分で制限を作って、何もしなくなりがちだけど、
それは実は本末転倒で、
その勝手につくった制限にとらわれて何もできないから、
ますます老いていくのだよ… ということ。

友人がビジネスカンファレンスで聞いた話を思い出しました。

ある日、子育ても一段落した40代半ばの主婦が旦那さんに言いました。

『私、いつも夢見てたことがあるのよね… 結婚カウンセラーになりたいなーって昔から思ってたのよね』

『やりたいなら今からやればいいじゃない!』
と旦那さん。

『でもね、学校へ行って、資格とって… そうこうしているうちに私もう50歳になっちゃうもの…』

と言う奥さんに対して、旦那さんはこう言った。

You will be fifty anyway!
でも、何もしなくてもどのみち50歳になるじゃん!

 

そりゃそうだ。
なんかこれ興味あるんだよね〜…って思ってて、でも始めるには年齢が遅いものね…
ってやらなくて、
それでも、私達はその年齢でとまるわけではなく、
それを始めても始めなくても、年はとっていく…

仕事でも、
趣味でも、
恋愛でも、
『〜歳だから…. 』という制限なんて作らずに、
ちょっと怖い気持ちももちろんあるけれど、それを乗り越えて、一歩を踏み出してみる。
きっと、素晴らしい新しい世界が待っているし、そういう刺激はいつまでも元気で若くいれる秘訣なんだろうな。

 


シンプルで楽しい瞑想とヨガで、脳に新しい回路を作り、
「幸福感」と「未来へのビジョン」の2つの柱をたてていこう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Wellness To Goにようこそ!カナダ・バンクーバーでマッサージセラピスト/ボディワーカーをしているArisaです。日本では眼科医をしていました。日本とは全く違う生活を思いっきり楽しんで、時々悩んで、人生一度きりだ!とめいっぱい生きています。Yoga lover。