先進国で初!カナダで大麻合法化

カナダで大麻合法化

今週2018年10月17日に、カナダでは国全体で、娯楽目的での大麻(マリファナ)の所持・使用が合法化されました。

2013年に国家レベルで合法化した南米ウルグアイに続き、2カ国目、そして先進7カ国(G7)では初です。

どうして合法化になったのか?

1、子供達に簡単に手にはいらないようにするため

医療目的のマリファナ使用は、2001年から合法になっています。
といっても、2017年の調査では、買う人の90%は娯楽使用だそうです。

カナダの中でもBC州は、リベラル(自由主義)な人が多いので、医療用マリファナの研究・開発・理解が進んでいます。

カナダではタバコ、お酒の法律が厳しいです。
未成年にタバコやお酒を売ると、売る方もかなり厳しく罰せられます。

しかし、大麻(マリファナ)は違法だったのですが、ブラックマーケットから入手できるので、タバコやお酒よりもマリファナが手に入りやすい環境になっていたのです。
実際に、タバコやお酒はしたことないけど、マリファナはあるという未成年は多いようです。

それをカナダの首相ジャスティン・トルドーが、子供に対し規制を厳しくし、簡単に手に入らないようにするという理由で合法化になりました。

2、ブラックマーケットでの取引をストップさせ、犯罪者達がお金を稼げないようにする

以前は、売る側は密輸、ブラックマーケットだったり。
もちろん、税金は払われていません。
それを合法化することで、多額の税金が支払われるというわけです。

合法化した後の、マリファナ産業は2020年までには6.5ビリオン(約5千600億円)の産業になると予想されています。

マリファナを持って国外に旅行に行ける?

いけません!!!

マリファナに対しては、私は賛成でも反対でもないですが、数年前にCNNのドキュメンタリーを見ました。

ドキュメンタリーに出演している有名な脳神経外科のサンジェイ・グプタ医師は、大麻に大反対だった医師です。

大麻が合法化されているアメリカ、コロラド州に、乳児重症ミオクロニーてんかん、ドラベ症候群(Dravet Syndrome)と診断されたシャーロットという女の子がいました。

2時間に1回てんかん発作を起こしていて、どんな薬や食事療法、代替医療全てを試してもてんかんは治まらなかったそうです。

最後の手段として、両親は医師に処方してもらい、おそるおそるをシャーロットちゃんに大麻(CBD)を試しました。
葉っぱを抽出して、液体を舌下しました。

すると、、、

それ以来、2時間に1回起きていたてんかんが嘘のように止まった!!!

そういう例をたくさん見て、大反対だったサンジェイ・グプタ医師も「何かあるのでは。。。」と考えたそう。

カナダで合法化されたら、きっと研究もどんどん進んでいって、新たな薬が作られたりもするのかなぁ。

日本ではもちろん法律で禁止されているけど。
みなさんの意見もぜひ聞かせてください。

もう3年前近くの動画です。

それぞれ1日1回押していただくとブログランキングに反映されます。どうぞご協力お願いします!自分の心身をいたわる時間を作る人が増えるといいなぁ。

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

おうちヨガの時間を習慣にしていきませんか?ヨガで自分のからだと心に優しくなれたら、きっと人にも優しくなれるはず。こちらからニュースレター登録をしてくれた方に40分ヨガプレゼントしています!おうちヨガの時間を是非登録してね♡


カナダで大麻合法化

Wellness To Go ヨガ&瞑想アプリ誕生しました!

全ての動画がダウンロードでき、オフラインで閲覧可能!
メンバー限定のヨガ、瞑想動画だけではなく、毎日を少し楽しくするArisaのWellness Tipsなど、今までにないライフスタイルアプリです!

Wellness To Go ヨガ&瞑想アプリ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar

Wellness To Goにようこそ!カナダ・バンクーバーでヨガインストラクター/ボディワーカーをしているArisaです。日本では眼科医をしていました。 「ヨガを身近なものにし、多くの人が自分の体と心も向き合えるような時間を提供したい!ヨガやエクササイズを通して、自分らしく楽しく生きる輪を広げたい!!」 という思いからYouTubeチャンネルやオンラインコースでおうちヨガや、セルフケア方法、毎日を気持ち良く過ごせるTips を配信中。