生理痛を和らげるヨガポーズ5つ

生理痛や、PMSの時のお腹の張り、腰痛、頭痛、不安な感情…。
女性なら一度は感じたことありますよね。
女性の体は、少しの変化に敏感に気がつくように作られています。だから、そんな敏感さも優しく包み込むようにしてあげる、自分をケアしてあげる時間大切です。

生理の時に、かっこよくワークアウト服に身を包んでジムにいく人もいれば、お家でただただゆっくりしたい!という人もいます。

人それぞれでいいんです。
今日はお家でゆっくりしたい!という人のためにオススメのヨガポーズを5つご紹介します。

Arisa
簡単なヨガポーズもしなくない!という人は、呼吸法(プラナヤマ)でも十分に生理痛を和らげる効果がありますよ!

1:2呼吸
・ウジャイ呼吸
・片鼻呼吸

これらはヨガのポーズをしたくない時にやると良い呼吸法です。

生理痛を和らげるポーズ

1、チャイルドポーズ(バラーサナ、Balasana)

ボルスターがあれば最高ですが、枕2つやクッションを重ねても十分です。
膝を骨盤幅以上に開いて、お尻をかかとに近づけます。
どちらかの耳をクッションにつけてもいいし、おでこをつけてもいいです。

生理痛の時の痛みは、温めると良いです。
私は、写真のような小さな枕、(これはバンクーバーのHalfmoonという会社のもので、温めることも冷やすこともできる優れものです)を腰やお腹に当てます。

2、前屈のポーズ
(開脚バージョン、足の裏を揃えるバージョン)

椅子などがあれば、そこにクッション、枕、ボルスターを立てかけて、ハグしていくように前に倒れていきます。

両脚は膝を軽く曲げて伸ばしてもいい(開脚前屈)ですし、足の裏と裏を合わせて膝を外側に倒し、ダイヤモンドの形を作っても良いです。(合せきのポーズ、バッダコナーサナの足)

3、頭を膝につけるポーズ
(ジャヌシルシャーサナ、Janu Sirsasana)

また、前屈!そうです。
前屈のポーズは、お腹、生殖器の筋肉を刺激していきます。
お腹の痛み、生理痛、頭痛、不安、そしてうつも和らげていくポーズと言われています。
頭が膝につく必要は全くありませんよ(^^)

4、キャット&カウ


腰、お腹の筋肉をほぐすのにぴったりなポーズです。
いつもよりも楽な呼吸を意識して動きましょう。

5、上むきねじりのポーズ
(スプタ・マツエンドラアーサナ、Supta Matsyendrasana)

腰、お尻の筋肉をほぐしていく最適なポーズです。
そして消化器系の内臓もたくさん刺激されていきます(^^)

自分時間を作って、いつも頑張っている自分に愛情いっぱい注いであげましょう(^^)

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

LINE始めました。
こちらからお友達になってくれたら嬉しいです!

https://line.me/R/ti/p/%40arisakubota

Add Friend

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUTこの記事をかいた人

Arisa

Wellness To Goにようこそ!カナダ・バンクーバーでヨガインストラクター/ボディワーカーをしているArisaです。日本では眼科医をしていました。 「ヨガを身近なものにし、多くの人が自分の体と心も向き合えるような時間を提供したい!ヨガやエクササイズを通して、自分らしく楽しく生きる輪を広げたい!!」 という思いからYouTubeチャンネルやオンラインコースでおうちヨガや、セルフケア方法、毎日を気持ち良く過ごせるTips を配信中。