”骨粗しょう症予防にカルシウムサプリ”は間違っている?知っておきたいカルシウムサプリメントの危険性、骨を丈夫にする食べ物とは?

骨粗しょう症にカルシウムサプリは間違っている?知っておくべきカルシウムサプリメントの危険性、骨を丈夫にする栄養素

骨粗しょう症予防にはカルシウムが必要ですが、カルシウムだけとっていれば良いわけではないことを知っている人は少ないです。さらに、多くの人がカルシウムは食事から十分に摂れないためサプリメントで補充する必要があると考えています。

実際、40代50代の女性から、どのカルシウムのサプリメントをとると良いかよく尋ねられます。 結論から言うと、私はカルシウムのサプリメントを勧めたことがありません。お医者さんにとるように言われた人には、カルシウム以外にマグネシウムなど、カルシウムの吸収を助ける栄養素を含んでいて、なるべく自然界に存在するものに近いサプリメントを紹介しています。

Garden of Lifeのオーガニック植物カルシウム

そもそも骨粗しょう症ってなに?

骨は、常に古いものが壊され、新しいものが作られるようになっています。しかし、なんらかの原因で骨の修復が追いつかなくなり、骨がスカスカになってしまうことがあります。これが、骨粗鬆症です。閉経後の女性に多いのは、閉経後に骨の健康を保つ女性ホルモンであるエストロゲンが減少することが原因だと考えられています。

私がカルシウムのサプリメントを進めない理由

1、カルシウムをサプリメントからとっても吸収されない?

自然界に存在する食材には色んな栄養素がバランスをとりあい、助け合って存在しています。サプリメントのように一緒類(または数種類)の栄養素だけが、高濃度で入っているものなんて存在しません。ドラッグストアに売られている多くのサプリメントに入っている量のカルシウムを摂取してもすべて吸収することほぼ不可能です。

吸収されない場合、そのまま体から排出されるのならまだ良いのですが、吸収されなかったカルシウムが血管で固まり、心臓に負担をかけると言う報告もあります。 サプリメントの歴史はまだ浅く、体にどのような影響を与えるかわかっていない部分が多いです。サプリメントに頼るなら、リスクを減らすために不必要な添加物の入っていないシンプルなもの、自然の食品に近いものを選ぶことをおすすめします。

”骨粗しょう症予防にカルシウムサプリ”は間違っている?知っておくべきカルシウムサプリメントの危険性、骨を丈夫にする食べ物とは?

これはあくまでも私の考えで科学的根拠はないけれど、自然界に存在するものはある程度バランスが取れるようになっていて、余分に取り過ぎた栄養素は体から排出されたり、体の中で作られる量が減ったりするようになっているのではないかなと思っています。

サプリメントのように人の手で作られたものは、数えきれないほどある栄養素の中の1つが、自然界に存在しない濃度や形で入っています。それを体に入れたら体がびっくりしてしまうのではないかな。体の一部分だけを見たら、サプリメントを使うことで症状が緩和されるかもしれないけど、体の全体を見たらどこかでバランスが崩れてしまっているかもしれません。 リスクがあるなら、私はできる限り避けたいです。しかし、何かしらの症状で普通の生活を送ることのできない人もいます。サプリメントが症状を和らげてくれるなら、リスクがあることを理解し、まずサプリメントを使って症状を良くして、ある程度良くなってから全体を整え直す方法もあります。

2、丈夫な骨を作るにはカルシウムだけとっていても意味がない

骨を作るには、カルシウムだけでなく、ビタミンD、ビタミンK、マグネシウム、ボロン(ホウ素)なども必要です。他の栄養素とバランス良く取らずにカルシウムだけとっても吸収されなかったり、体のバランスを崩れてしまうこともあります。 乳製品だけをとってもカルシウムはあまり吸収できないと言われる理由は、乳製品にはカルシウムが高濃度で入っていて、カルシウムの吸収を助ける他の栄養素があまり入っていないからです。

 

骨粗しょう症にならないためにできること

1、バランスの良い食事をしよう!

同じものばかり食べずに、様々な食材を取り入れることでバランス良く栄養をとることができます。また、新鮮で良質な食材を選んだ方が栄養価が高いことが多いです。 消費者や動物、環境のことを考えて農薬や化学肥料、ホルモン剤などをできるだけ使わずに愛を込めて作られた食材、地元でとれたものを選べたら一番良いです。 完璧な食材などないですし、予算も人それぞれなので、その時自分が手に入れることのできる中で一番質の良いものを選んでみてください。

2、骨を丈夫にする食材をとろう!

ビタミンD

ビタミンDは、しゃけやいわし、きのこ類に含まれています。また、太陽にあたることで体の中で作られます。ビタミンDは脂溶性のビタミンなので、油と一緒にとることで吸収率が上がります。肝臓や腎臓を健康に保つこともビタミンDを活性化するために大切です。

”骨粗しょう症予防にカルシウムサプリ”は間違っている?知っておくべきカルシウムサプリメントの危険性、骨を丈夫にする食べ物とは?

ビタミンK

ビタミンK、は緑葉色野菜や発酵食品に含まれています。発酵食品は腸内環境を整えて、栄養素の吸収を助けてくれる働きもあります。また、発酵食品によって含まれている善玉菌の種類やバランスが違うので、できるだけ毎食いろいろな発酵食品を少しずつとるようにしましょう。ビタミンKも脂溶性のビタミン。油と一緒にとることをお勧めします。

カルシウムやマグネシウム

海藻類、種子類、豆類は、カルシウムやマグネシウムをバランス良く含んでいます。

その症状マグネシウム不足が原因かも?症状別マグネシウムサプリの効果と選び方

たんぱく質

体のあちこちで活躍するたんぱく質は、骨の構成要素でもあります。ビタミンDを含むしゃけや、たんぱく質とカルシウムをくっつけるのに必要なビタミンKを含む納豆は、丈夫な骨をつくるのに最適な食材です。

”骨粗しょう症予防にカルシウムサプリ”は間違っている?知っておくべきカルシウムサプリメントの危険性、骨を丈夫にする食べ物とは?

3、もう1つ忘れてはいけないこと…それは、負荷トレーニング!

”骨粗しょう症予防にカルシウムサプリ”は間違っている?知っておくべきカルシウムサプリメントの危険性、骨を丈夫にする食べ物とは?

歳をとると活動量が減り、日常生活で物を持ち上げる動作が少なくなったり、定期的に運動をしなくなる人が増えます。私たちの体は怠けることが大好きなので、使い慣れている一部の筋肉ばかり使いがちです。そうすると、負荷のかからない筋肉や刺激をうけない骨はどんどん弱っていきます。

骨はある程度の負荷がかからないと、私たちの脳は、骨が頑丈である必要は無いと考え、骨を強く保とうとしなくなります。逆に、刺激を与えることで、年齢に関係なく、骨は強くすることができます。 歳をとってからこそ、負荷トレーニングは必要不可欠です。普段あまり使わない部分に刺激を与えて、存在価値を伝えてあげましょう!

*病院でカルシウムのサプリメントをとるように言われた人は、自分の判断でサプリメントをとるのをやめず、専門家に相談してください。

この記事を書いた人

ノンケミカル日焼け止め

Eriko ホリスティック栄養士
カナダでホリスティック栄養士をやっています。 体を動かすこと、体が喜ぶ物を食べるのが大好きです。 好きな人たちと笑顔で毎日を過ごす、そんなシンプルなことを大切にしています。私のウェブサイトでは、美容家の間で噂のオイル、抗酸化作用がたっぷりの「カカイオイル」を販売しています。 興味がある方はこちらから詳細をご覧ください。

https://www.cacayoilbeauty.com
>>ウェブサイト
>>インスタグラム 
>>facebook

 

それぞれ1日1回押していただくとブログランキングに反映されます。どうぞご協力お願いします!自分の心身をいたわる時間を作る人が増えるといいなぁ。

 

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ

LINEが新しくなりました!こちらからお友達になってくれたら嬉しいです。
LINE限定インタビュー動画を定期的に配信しています。

 

友だち追加

骨粗しょう症にカルシウムサプリは間違っている?知っておくべきカルシウムサプリメントの危険性、骨を丈夫にする栄養素

Wellness To Go ヨガ&瞑想アプリ誕生しました!

全ての動画がダウンロードでき、オフラインで閲覧可能!
メンバー限定のヨガ、瞑想動画だけではなく、毎日を少し楽しくするArisaのWellness Tipsなど、今までにないライフスタイルアプリです!

Wellness To Go ヨガ&瞑想アプリ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUTこの記事をかいた人

Eriko

カナダでホリスティック栄養士をやっています。 体を動かすこと、体が喜ぶ物を食べるのが大好きです。 好きな人たちと笑顔で毎日を過ごす、そんなシンプルなことを大切にしています。私のウェブサイトでは、美容家の間で噂のオイル、抗酸化作用がたっぷりの「カカイオイル」を販売しています。 興味がある方はこちらから詳細をご覧ください。