現実や人を受け入れられない時!受け入れること、受容(アクセプタンス)の意味

Acceptance

生きているといろんなことがあって、時には自分を苦しませるような出来事や人間関係もあるし、自分が想像もしていなかったことが起こる時がある。

好きなあの人と一緒になれない現実、想像とは違ったブラックな会社の働き方、嫌味をいってくるお局さんや義理のお母さん、自分の理想とはかけはなれた家族関係、病気、病気による身体の痛み、・・・

など。大きいことだけではなくて、毎日の小さいことも含めたら、抵抗とまではいかないけれど、

「あ〜もっとこうだったらいいのにな」

っていうことって必ずしもあるし、そんな理想の現実の違いにもやもやしたり、苦しくなっている人は少なくはない。過去に起きた出来事を受け入れれずにいる人もいる。

抵抗すると、私たちの身体には気づかないところで緊張が生じている。
その状態が慢性的に続いていると、体調を崩す原因にもなりうる。

「そのままを受け入れると心が楽になる、自由になる。受容しなさい」

なんて言葉ことはわかっているんだけど、その現実を受け入れることができないから苦しいんだよね・・・

現実や人を受け入れられない時、「受け入れること、受容」の意味

受け入れること、受容(Acceptance)とは、

人やものに対する自分の抵抗に気づいて、自分の心の平穏のために抵抗を諦めること。

 

そして同時に以下の3つのことも知っておく。

1、受け入れる時、その現状や人を好きになる必要も、賛成する必要も、サポートする必要もない。自分のために自分から選択する。

受け入れる行為は、自分自身のもの。相手やその状況を好きになる必要は全くない。
もし、人が何か苦しめるようなことを言ってきた時。自分が我慢して、現状におきていることを「はいはい」とそのまま受け入れるということではない。そんな仏のような人になる必要は全くないんだよ。

自分をリスペクトして、意見を言う時はいう。
でも感情にのっとられて言い返すのではなく、人や出来事との間を置いて言えるようにする。


2、受け入れること(受容)は受け身の行動ではない。自ら練習していく行動。

ある日受け入れることができたら、その出来事や人はもう自分の記憶には現れない。。
なーんてことは残念ながらないんだな。

身体の痛みも、過去の人間関係も、理想と現実の悩めるギャップも何度も現れるけど、その都度、自分のそれに対する抵抗をリリースしていく。苦しい思いも自分で優しく受け止めてあげる
これは自己受容の時も同じ。

この過程を繰り返していくと、絶対に自然に抵抗をギブアップすることができる。

 

3、受け入れたからといって、その状態がそのまま続くわけではない。

いったん受け入れてしまったら、この痛みはずっと続くのではないか。
今の状況を受け入れる=ま、これでいいか。と関心を失うことで、その先改善がないのではないか。

そんな風に思いがちだけどそうではない。
受け入れたあとに、自分の理想の方向に変えていくことは十分に可能。人も出来事も変わりゆくものだもんね。

 

Pain is inevitable suffering is optional. 
痛みは避けれないられないけれど、苦しみは自分しだい。
〜村上春樹

本当だね!

アプリ限定瞑想に、アクセプタンスの瞑想をアップしています。
よろしければ、チェックしてみてください(^^)

受け入れること、アクセプタンス

 

【お知らせ】
Wellness To Go、Arisaの初の著書が発売中です!

「バンクーバー式ウェルネスヨガ」永岡書店
バンクーバー式ウェルネスヨガ
感動的に効く、症状別1日1ポーズ、QRコードで動画に飛べたり、毎日が少し楽になるWellness Tips、そしてコラム。たくさんの写真から、バンクーバーの空気感も感じてもらえる、見ているだけでも肩の力が抜けて元気になる本!

ぜひこちらからご予約お願いいたします(^^)

 

Acceptance

Wellness To Go ヨガ&瞑想アプリ誕生しました!

全ての動画がダウンロードでき、オフラインで閲覧可能!
メンバー限定のヨガ、瞑想動画だけではなく、毎日を少し楽しくするArisaのWellness Tipsなど、今までにないライフスタイルアプリです!

Wellness To Go ヨガ&瞑想アプリ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar

Wellness To Goにようこそ!カナダ・バンクーバーでヨガインストラクター/ボディワーカーをしているArisaです。日本では眼科医をしていました。 「ヨガを身近なものにし、多くの人が自分の体と心も向き合えるような時間を提供したい!ヨガやエクササイズを通して、自分らしく楽しく生きる輪を広げたい!!」 という思いからYouTubeチャンネルやオンラインコースでおうちヨガや、セルフケア方法、毎日を気持ち良く過ごせるTips を配信中。