ポジティブよりも強い!ネガティブが持つ驚くべきパワー

ネガティブが持つパワー

「Be positive! Stay positive!」
ポジティブになろう!

って情熱的に言われるの、うざいよ!って思ってしまう私のような人いますか?笑

「わかっとるがね・・・でもちょっと静かにしてもらえる?」

って思っちゃう。笑 あまのじゃくだな・・・
それで旦那と言い合いしたこともありました。

だってさ、

自然災害が起きた時や、
離婚の話が出ている時とか、
最愛の人がなくなった時とか、
解雇された時、
今後の不安が頭の中にある時に
ポジティブになるなんて難しいし、
なれないのが当たり前。

興味深いインタビューを見ました。
エリートスポーツ選手達の「マインドセット、脳を鍛えるマスター」と呼ばれている人のインタビューです。

【Trevor Moawad on Impact Theory】
Mindset Expert Shows You How to Control Your Negative Thoughts

「ポジティブになれと言われるのが好きな人はいない」

と彼はいいます。
人生は、状況によってはポジティブなんて考えられないことも多くある。

呼吸や瞑想、アファーメーション、ビジュアライゼーションが身体と脳にいい働きをするのは誰もが理解しているけれど、実際それをするのって難しい。

彼は高校、大学のアメリカンフットボールの選手達と、もっと簡単なある実験をしました。
ポジティブになれとは一切言わず、

「ネガティブなことを声にだしていうな」

と教えたそうです。

暑いとか、練習がきついとか、コーチが嫌だとか、状況が嫌だとか、不満を口にだすな。と。
その結果、そのチームの成績は驚くべきよかったのだそう!

「ネガティブはポジティブの4〜7倍ものパワーで身体に影響する。
そして、声にだして言うとそのパワーは10倍にもなる」

じゃあ、ネガティブな思考が頭にあって、それを口にだしていったら、ポジティブな思考よりも、40倍〜70倍ものパワーで影響してくるってこと!!

間違いなく思っていても口にださないほうがいいです!!笑

インタビュー内で彼は実際に起きた例を数個あげていました。

例1:メジャーリーガーのビル・バックナーは、「ワールドシリーズで、僕がトンネルをして
負けたら悪夢だ」と話したら、まさに描いたミスでワールドシリーズで負けた。
(歴史に残る痛恨のエラーだったらしい)

例2:「40歳で心臓発作で死ぬのは嫌だな」と話していたバスケットボール選手が、40歳で心臓発作で亡くなった。

例3:電車冷蔵コンテナを修理していて、そこに閉じ込められた人が、
「身体が凍ってきている。これが僕の最期の言葉だ」
と窓に書いて亡くなってしまったのだけど、実際、コンテナの中は13度で、人間が死ぬ温度ではなかったらしい・・・

 

もし今度ネガティブなことが口からでそうになったら、上記を思い出して立ち止まってみてください。

ネガティブの反対はポジティブだけど、そこに行くには、ニュートラルにもどる。
車と一緒です。
バックしていて、前に進みたくなったら、一瞬ニュートラルにします。

それから前に進むかまたバックするかは自分で決める。

私達はよく考えずに言葉を発しています。
脳は全てあなたの言う事を聞いています。
そしてそれを良きも悪きも与えてくれます。

 

あなたはどんな物語自分で作っていますか?

 

お知らせ1
Wellness To Go、Arisaの初の書籍「バンクーバー式ウェルネスヨガ」発売中です。大手書店、Amazon、楽天でお買い求めいただけます。
1日1ポーズ、QRコードで動画にも飛べる、とても実用的!かつ、見ているだけでも肩の力が抜ける本になっています。
(写真をクリックするとアマゾンリンクに飛びます)
バンクーバー式ウェルネスヨガ

お知らせ2
『マスターマインド瞑想&ヨガ〜最高の自分になる21日間』オンラインプログラム、現在3ヶ月に1度のお申し込みを限定受付中です。
Arisa流マスターマインド瞑想&ヨガ
ネガティブが持つパワー

Wellness To Go ヨガ&瞑想アプリ誕生しました!

全ての動画がダウンロードでき、オフラインで閲覧可能!
メンバー限定のヨガ、瞑想動画だけではなく、毎日を少し楽しくするArisaのWellness Tipsなど、今までにないライフスタイルアプリです!

Wellness To Go ヨガ&瞑想アプリ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

ABOUTこの記事をかいた人

Avatar

Wellness To Goにようこそ!カナダ・バンクーバーでヨガインストラクター/ボディワーカーをしているArisaです。日本では眼科医をしていました。 「ヨガを身近なものにし、多くの人が自分の体と心も向き合えるような時間を提供したい!ヨガやエクササイズを通して、自分らしく楽しく生きる輪を広げたい!!」 という思いからYouTubeチャンネルやオンラインコースでおうちヨガや、セルフケア方法、毎日を気持ち良く過ごせるTips を配信中。