健康

健康

その食事法、実は間違い?体脂肪を落とすために知っておきたい偽ヘルシー食材と食事法

ヘルシーな食生活をしているのに、痩せない。そんな風に感じたことありませんか?ヘルシーな食事というと答えは1つのように感じるかもしれませんが、人によって違います。 住んでる環境、季節、その日の体調、そして、筋肉をつけたいのか、脂肪を落としたいのか、免疫力を高めたいのかなどの目的によって変わってきます。 栄養のバランスを考えなくても、摂取カロリーを減らせば体重を落とすことはできます。極端な例ですが、1日3食マクドナルドのハンバーガーとポテトを食べていても、それがトータルの摂取カロリーが消費カロリーよりも低ければ、体重は減っていきます。 ただ、体重は落ちても、栄養の偏りにより、肌は荒れ、髪や爪はボロボロになり疲れやすく、やる気がなくなり、頭の回転が遅くなり、精神も不安定になるといった症状が出やすくなります。病気にもなりやすくなります。 逆に、栄養たっぷりの一般的にヘルシーと言われている食材を毎食食べていても、太ってしまうということもあります。 栄養がある=低カロリーではないですし、むしろ栄養価が高い方が高カロリーのことが多いです。また、健康に良いからといって、いくらでも食べても良いということもありません。体脂肪を減らすには、何をどれくらいとると良いかを知ることが、とても大切です。 誰かがこうやって痩せたからと、その方法を何も考えずに真似するのはおすすめしません。惑わされないようにするには、ヘルシーという漠然な言葉に注目するのはやめて、できるだけシンプルなものや良質なものを選ぶようにすると良いです。 野菜 食物繊維やビタミン、ミネラル、抗酸化作用の高いポリフェノールを含む野菜は、普段からたっぷりとりたいです。野菜は基本的に低カロリーですが、野菜と言ってもいろいろな食べ方があります。 気をつけたいのはサラダ。砂糖と油たっぷりのドレッシングと一緒に食べていたら、カロリーも増えるし、炎症を起こす砂糖や油で、せっかく栄養たっぷりの野菜も台無しです。サラダは、シンプルに、質の良いオリーブオイル、お塩、レモン(お酢)だけで、びっくりするくらい美味しいので、試したことのない方は騙されたと思って試してみてください。甘さを足したければ、りんごやベリーなどのフルーツやナッツのはちみつ漬けなどを少し足すのもおすすめです。 オーガニックエクストラバージンオリーブオイル また、パスタやお蕎麦、ご飯やキノア、お芋やかぼちゃが入っているサラダにも注意が必要です。糖質制限が流行ったりもしましたが、ご飯やお芋などの炭水化物は、私たちの大切なエネルギー源なのでむやみに減らすことはおすすめしません。しかし、体脂肪を減らしたい時は炭水化物の種類や量には注意したいです。サラダに炭水化物が入っていたら、それはただのサラダではなく、サラダと主食と考えましょう。 体脂肪を減らすには、いかに少ない量の食事で十分な栄養素を効率的にとるかが大切になってきます。炭水化物と言ったら、白いごはんやふわふわのパンが頭に浮かぶかもしれませんが、体脂肪を減らすというミッション中は、色の濃い雑穀米や全粒小麦、お芋など、ミネラルやビタミン、腸内環境を整えてくれる食物繊維が豊富なものを選ぶと良いです。まずは、白米に雑穀米やお豆なんかを混ぜてみるところから始めても良いでしょう。 サラダと言うと低カロリー、栄養たっぷりというイメージですが、健康にも美容にも良いものとそうでないものがあります。食べる前に何がどれだけ入っているかに意識してみてください。 良質な脂質 良質な脂質は、美容にも健康にも欠かせない栄養素です。良質な脂質を含んだ食事をとると、満足感を感じ、満腹感も長続きするので、無体脂肪を減らしたい時でも、欠かさずにとってもらいたいです。しかし、脂質は高カロリーなのも事実です。 ナッツやアボカド、油ののったお魚、オリーブオイルやギー、チーズ、ヨーグルトなど、油のカロリーを無視して好きなだけ食べていたら、体脂肪は減りません。 脂質の摂りすぎを防ぐには、良質な脂質と他の食材を組み合わせと良いです。 例えば、スナックに手のひらに軽くのる程度の量のナッツを食べると良いと良く言われますが、体脂肪を落としたいなという時は、その半分の量のナッツと自家製ポップコーンやベリー、野菜ティックなどを組み合わせるとボリュームが出てしっかり食べた気にもなりますし、脂質やカロリーの摂りすぎも防げます。 ダークチョコレートもマグネシウムやミネラル、ポリフェノールがとれる、優秀な脂質源です。糖分が少ないダークチョコレート数片と、ベリーなどのフルーツを組み合わせると、彩りも加わり、満足感があがります。 【iHerb】シンプルな材料で格別に美味しいHUダークチョコレート 減量中は、マヨネーズの代わりにヨーグルトやフムスを使うのも良いです。ヨーグルトは腸内環境を整えてくれる発酵食品ですし、フムスにも食物繊維やミネラルがたっぷりです。たんぱく質もとれますね。 *油や塩分控えめで作る自家製ポップコーンは、食物繊維もとれるし、食べ応えもあり、ポテトチップスなどのスナック菓子よりも低カロリーなので、体脂肪を減らしたい時にもおすすめのスナックです。乾燥ハーブやスパイスをかけて、自分好みにもアレンジできます。私のおすすめは、ガーリックパウダーとスモークドパプリカパウダーです。 オーガニックポップコーンの種 体脂肪を落としたいならたんぱく質をしっかりとりましょう! お肉は太ると思われがちですが、たんぱく質を食べると満腹感が長続きすることが研究でも明らかになっています。たんぱく質はからだの材料にもなる大切な栄養素。しなやかな髪、丈夫な爪、張りのある肌にも欠かせません。 脂身たっぷりのお肉ばかりを食べていては、栄養のバランスは崩れてしまいます。鶏の胸肉や海外産のステーキなど、脂身の少ない部位のお肉、お魚、お豆腐や納豆などの豆類、たまごなどをバランス良くとりましょう。1日3食食べる方は、毎食手のひらくらいの大きさのたんぱく質を食べると良いです。少食の方、3食食べない方は、スナックなどで上手に補ってください。 たんぱく質がとれる私のおすすめのスナックは、たまごやローストしたお豆、ヨーグルト、フムスなどです。 【iHerb オーガニック乾燥ひよこ豆】 甘いものがやめられない、食欲が止まらない方は、数日間、ご飯などの炭水化物を少し減らして、たっぷりの野菜と塩胡椒やレモンなど最低限の味付けでシンプルに調理したステーキやサーモンをしっかり食べると、甘いものへの欲求や異常な食欲がぱたっととまりますよ。 代謝を上げる方法②もしかしてたんぱく質不足?自分に合ったたんぱく質摂取量とは? 今回は、カロリーの話をしましたが、私はカロリーや体重などの数字はあまり気にしなくて良い、むしろ気にし過ぎないで欲しいと思っています。たまに目安にする程度なら良いですが、数字ばかり追っていると、食材も自分のからだもありのまま見れなくなってしまいます。 体重管理をする上で大切なのは、ストイックに数字を追うことではなく、からだの声に耳を傾けて、自分の調子を感じられるようになることです。これができると、はやりのダイエットで痩せて、しばらくしてリバウンドして、また違うダイエットを試して、と言う魔のサイクルから抜け出すことができます。 昨年から、外出する機会が減ったり、環境の変化によるストレスなどで、体脂肪が増えてしまったという方もいると思います。焦って極端なダイエット法に手を出すのではなく、バランス良く栄養をとり、必要のないものをできるだけ減らし、心の健康を保ちながらゆっくり健康・体重管理をしてみてください。 それぞれ1日1回押していただくとブログランキングに反映されます。どうぞご協力お願いします!自分の心身をいたわる時間を作る人が増えるといいなぁ。 
 LINEが新しくなりました!こちらからお友達になってくれたら嬉しいです。
LINE限定インタビュー動画を定期的に配信しています。

健康

便秘を解消するために今日からできる5つのこと

便秘は誰もが一度は経験したことがある、最も短な体の不調の1つではないでしょうか。快腸でその日をスタートできれば、前向きに生産的な1日を過ごせる気がします! 私も小さい頃から20代前半まで、長い間便秘症でした。常にお腹が張っていて、からだが重く、むくみが酷いのが自分にとって普通のこと。自分はそういう体質、ずっと付き合っていくものなんだと思っていました。 今ではすっかり改善され、旅行で生活リズムや環境が変わった時など一時的な不調を除いて、基本的には毎日お通じがあります。 毎日のお通じは、からだの調子を教えてくれる健康のバロメーターでもあります。 毎日、黄色いばなな型のうんちは出ていますか? もしかして、あなたも便秘症? 便秘症とは十分な量を排出できない状態や快適に排出できない状態。 排便回数が1週間に3回未満のことを便秘症と考えることが多いですが、毎日排便があってもお腹が張っていたり、出る量が少なく全て出切った気がしないと感じていたら、それも便秘症です。 原因には色々ありますが、よくあるものには 食事の量が足りない 食物繊維が足りない 水分量が足りない ストレス 運動不足 などがあげられます。 便が腸に溜まっていると毒素が発生し、それが血液をまわって身体中に送られます。その結果、臭いのきついガスや肌荒れ、不快感、イライラ、慢性便秘の場合は様々な病気を引き起こす原因となってしまうこともあります。 便秘解消のために今からできる5つのこと 1、十分な水分、食事をとる 便の8割ほどは水分でできています。水分が足りないと、便が硬くなり便が出にくくなります。また、硬い便は腸内や肛門を傷つけてしまうことも。 朝、コップ一杯の常温の水を飲むと、消化管が目を覚まし動き始めます。 バランスの良い食事を十分な量とることも大切です。極端に糖質や脂質を避けたりしていませんか?無理なダイエットや偏った食事は、便秘症の原因となります。 2、食物繊維をとる 個人差はありますが、1日に必要な食物繊維の量は、成人女性18g以上、成人男性20g以上と言われています。(参考:日本人の食事摂取基準(2015年版)) 食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があります。 水溶性食物繊維は、体の中で水分を吸収しジェル状になります。体がゆっくりと食べ物を消化し、少しずつ栄養素を吸収できるようにしてくれます。また、腸の中の善玉菌の餌となり、腸内環境を整えてくれます。 不溶性食物繊維は、便の量を増やし、体が便を排泄しやすくします。 3、腸内環境を整える 口から肛門まで繋がっている消化管は蠕動運動という筋肉の緊張と収縮を繰り返す動きによって、食べ物を動かしています。この蠕動運動が鈍くなっていると、食べた物が上手く排出されず、便秘症になります。 腸の中には、蠕動運動を促進する神経伝達物質「セロトニン」の80〜90%が存在しています。さらに、大腸の粘膜細胞のエネルギー源であり、大腸のセンサーを刺激することで蠕動運動を促す「短鎖脂肪酸」は腸内細菌によってつくられます。 腸内細菌は数だけでなく種類が豊富なことが大切です。いろいろな種類の発酵食品や腸内細菌の餌となる食物繊維やポリフェノールなどを意識して取りましょう。 オーツ麦を使ったポリッジには、食物繊維がたっぷり含まれています。 抗酸化作用!食物繊維!栄養たっぷりのグルテンフリー食材、オーツ麦の食べ方って? 4、適度な運動 便秘症は日々の活動量が低い人や運動不足の人に多いという研究結果があります。散歩やダンス、リズミカルな呼吸をしながら行うヨガやピラティス、自転車などのようなリズム運動と言われる運動は、腸を動かす働きを持つセロトニンの分泌を促してくれます。ただ、やり過ぎは逆にストレスとなってしまうので、毎日のように激しい運動をするのは逆効果です。 5、ストレスマネージメント 蠕動運動によって動かせる筋肉は平滑筋と呼ばれる筋肉で、自律神経によってコントロールされているため、私たちの意思で動かす事ができません。つまり、交感神経と副交感神経のバランスが崩れていると、便秘症になりやすくなります。 過度のストレスは交感神経と副交感神経のバランスを崩します。とは言え、ストレスの種はつきません。寝不足、仕事や人間関係の悩み、人は日々いろいろなストレスに晒されています。ほんの少しの環境の変化が、からだにとって大きなストレスだったりもします。 少しでもストレスを取り除くために、朝トイレにいる時に、好きな音楽をかけたり、楽しいことを考えたり、深呼吸して心を落ち着かせてみてください。 自宅のトイレに花や絵を飾って、リラックスできる空間にするのも良いかもしれません。 少しだけ早起きする余裕があれば、カーテンを開けて太陽をたっぷり浴びてから、簡単なヨガや瞑想をしたり、暖かいハーブティーをいただくのもおすすめです。   それぞれ1日1回押していただくとブログランキングに反映されます。どうぞご協力お願いします!自分の心身をいたわる時間を作る人が増えるといいなぁ。 
 LINEが新しくなりました!こちらからお友達になってくれたら嬉しいです。
LINE限定インタビュー動画を定期的に配信しています。  

Blog

【質疑応答】冷え性には運動?なぜ運動してても低体温症?食物性のたんぱく質源とは?

メディアでみる温活は対処療法としては良いけれど根本的な原因の解決にはならないので、一時的に暖かくなっても冷え体質は改善しません。冷える原因は、体が省エネモードになっているからです。筋肉量を増やしたり、血流を改善して、代謝をあげて、体の隅々の細胞まで酸素や栄養素が運ばれて、エネルギーが作れるようにすることが大切。 まだインスタライブを見ていない方は、ぜひ見てみてください。 【インスタライブ】体を温める方法 運動すると2つの方法で体が温まる 1、運動をすると体が酸素や栄養素を体の隅々まで運ぼうとするので、体が温まる 2、筋肉がつくと代謝が上がり、一次的ではなく、長期的に代謝の良い熱の作りやすい体ができる。筋肉はポンプの働きをすることで、血流を良くし、エネルギー(熱)を作るのに必要な栄養素や酸素が体の隅々の細胞まで行き渡る助けをする。 運動しているけど冷え性なのはどうしてですか? 原因は2つ考えられます。1つ目は、筋肉量を増やす運動をしていない。2つ目は、食事の量が少ない。または、食事量は足りていても、たんぱく質が不足している。 普段どのように動くかによって、私たちの体は日々変化をしています。例えば、ランニングなど1つの有酸素運動ばかりをしていると、カロリーの消費量は増えますが、一部の筋肉にしか負荷がかからないので、筋肉の量が減ってしまうことがあります。代謝をあげたい人には、筋肉量を効率的に増やすことのできる、筋トレがおすすめです。ダンベルや機械を使わなくても、姿勢を気をつければ自分の体重でも十分!スクワット、腕立て、プランクをゆっくり姿勢と使っている筋肉を意識してやってみてください。下半身には筋肉が集まっているので、特に足やお尻を鍛えると良いです。いろんな種類の運動をして、身体中の筋肉を満遍なく使うようにするのも良いです。 運動が苦手な人は、普段から姿勢に気をつけたり、積極的に階段を使ったり、散歩を習慣にするだけでも効果があります。 筋トレをしても、食事の量が足りていなかったり、栄養が偏っていたら、筋肉は効率的に作られません。また、ダイエットをしていたら、代謝はどんどん下がっていきます。折角の運動を無駄にしないためにも、食事のバランスにも気をつけましょう。特に、日本人は筋肉など体の材料となるたんぱく質が不足している人が多いようです。 先ほど、冷え性対策には血流が大切だと話しましたが、たんぱく質は血液の材料でもあります。鉄分だけではないんです!酸素を運ぶヘモグロビンは、鉄(ヘム)にたんぱく質(グロビン)がついたものです。 Arisaおすすめの3つの動き、スクワット、腕立て、プランクが全て入った動画です。   一日どれくらいの量たんぱく質をとれば良いですか? 活動量や体の大きさ、筋肉量や年齢によって変わってきます。一般的には、体重1キロに付き0.8グラム、軽い筋トレをした日には少し多めに0.12グラムほど、継続的に強度の強い運動をする方やアスリートの方は体重1キロに付き0.14~0.18グラムのたんぱく質が必要と言われています。 1日3食食べる方は、毎食手のひらの指を除いた部分の厚みと大きさのたんぱく質を摂りましょう。植物性たんぱく質の場合は、指の部分も含めます。 もっと知りたい人は、こちらのブログも覗いてみて下さい↓ 代謝を上げる方法②もしかしてたんぱく質不足?自分に合ったたんぱく質摂取量とは? お豆以外の食物性たんぱく質を教えてください たんぱく質と聞くと一番に浮かんでくるのはお肉やお魚という方が多いかもしれませんが、お豆や穀物、ナッツ、野菜にもたんぱく質は含まれています。 植物に含まれているたんぱく質の量は他の食品に比べると少ないですが、食物繊維やビタミン、ミネラル、ファイトケミカルなどの栄養素もとれるので、いろいろな種類のものを積極的に食事に取り入れると良いです。 種類や取れた場所、季節、調理の仕方などによって、栄養素は多少変化しますが、イメージしやすいように数字で表してみました。(それぞれの食材の1度に食べるだいたいの量で計算してあります。) 木綿豆腐100gには、6g前後のたんぱく質が含まれています。お豆腐からは、現代人が不足しがちなマグネシウムもとれます。 調理前のオーツ麦1/2カップには、約5gのたんぱく質。そして、食物繊維も4gほど入っています。 調理前のお米1/2カップには、約6グラムのたんぱく質。食物繊維は2、5グラムほど入っています。 ヘンプシードの重さの1/3はたんぱく質。大さじ1杯のヘンプシードから、4グラムほどのたんぱく質がとれます。 アーモンドは手の平に軽く一杯分くらいまでを目安に食べると良いと言われています。手の平一杯分(30グラム前後)のアーモンドには、7グラムほどのたんぱく質が含まれています。美容にも健康にも嬉しい抗酸化ビタミン、ビタミンEも豊富に含んでいます。 調理後のブロッコリー、ほうれん草、芽キャベツ、じゃがいもなどの野菜1/2カップには、4〜5グラム前後のたんぱく質が含まれています。 アマランサスやキノアもたんぱく質が豊富に含まれていることで知られています。調理したキノア1/2カップには、約4グラムのタンパク質が含まれています。ご飯を炊く時に、少し足すだけで、マグネシウムや鉄分、食物繊維をプラスできます。 ナッツバターやフムスなどを、食事やスナックに上手に取り入れてみてください。 たまごのコレステロールは気にした方が良いですか? 健康な成人が一度にたまごを何個も食べたからといって、コレステロール値を気にする必要はありません。1週間単位、1ヶ月単位で見て、平均1日個くらいだったら問題はありません。(持病を持っている方や薬を服用している方などは、お医者さんや薬剤師の方に相談してください)もし、毎日欠かさず何個もたまごを食べていたら、栄養素が偏ってしまいます。コレステロールの量を気にする前に、食事の全体的なバランスを見直してみてください。 因みに、たまご1個には約6gのたんぱく質が含まれています。 コレステロールは体に不可欠なので、体内でも作られています。食事からの摂取量が増えれば、体内での生産量が減り、食事からの摂取量が減れば体内での生産量が増えます。多少取り過ぎたり、足りてなくても、体がバランスをとってくれます。 コレステロールを含んでいる食材を避けるのではなく、何からとるか、全体的に見て栄養が偏っていないかという点に意識を向けましょう。脂質、たんぱく質、炭水化物などの全体的な栄養バランスに気をつけて、加工食品をできるだけ減らし、薄味やシンプルな食べ方を心がけてみてください。 例外もありますが、体が食べたいと感じるものには、その時体が必要としている栄養素が含まれていることがよくあります。体の声に耳を傾けて、そのメッセージを正しく受け取れるように、普段からマインドフルな食事を心がけてみてください。 ================= 本日12月8日(火)23時59分で受付終了! ホリスティック栄養士によるミニ栄養学オンライン講座 1、血糖コントロールと体重管理 2、睡眠とホルモンバランス 3、脂質と美容とアンチエイジング 3つのワークショップ、ご興味のあるものをひとつ、もしくはまとめてお申し込みいただけます。 (↓ 写真をクリックしていただくとリンクにとびます ↓) 体を温めるためにおすすめの商品はこちら↓ 体を温めるにはコレ!温活をやめるための”本当の温活”とは? LINEが新しくなりました!こちらからお友達になってくれたら嬉しいです。
LINE限定インタビュー動画を定期的に配信しています。

健康

体を温めるにはコレ!温活をやめるための”本当の温活”とは?

体が冷えるのは、エネルギー生産が活発に行われていないから。低体温や冷え性で悩んでいる人は、栄養素や酸素が体の隅々まで送られていないかもしれません。 一生懸命体を温めても、それは一時的な対処法にすぎません。逆に、体が冷える根本的な原因を無くせば、冷えとは関係ないと思っていた不調も無くすことができるかもしれません。 体が冷える原因は1つではありませんが、筋肉や血が足りていないことが原因であることが多いです。そんな状態を作っているのは、運動不足、たんぱく質などの栄養不足、寝不足など。。。 体の隅々の細胞に酸素や栄養素を届けているのは血液です。そんな血液の成分はたんぱく質や鉄分などの栄養素。そして、血が常に体の隅々まで流れるようにするためには、筋肉が必要です。 ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれ、筋肉を収縮させることで重力に逆らって血を心臓に送るという、大切な働きを果たしています。運動をすると、細胞に酸素や栄養素を送ろうと血流がよくなります。それだけでなく、運動によってポンプの役割を果たしている筋肉がつくことで、血液の循環を助けてくれます。 今回は、そんな冷え体質を改善させるためにおすすめのものをいくつか紹介していきます! ヘンプシード 同じ重さとカロリーのアーモンドや胡麻に比べて、たんぱく質量が多いです。なんと、ヘンプシードの重さの1/3はたんぱく質!ヘンプシードには、マグネシウムや鉄分などの、現代人が不足しがちな栄養素も豊富に含まれています。大さじ3杯のヘンプシードを食べると、マグネシウムは1日に必要な量の約半分、鉄分は1/5ほど、たんぱく質やDNAの合成や免疫システムが正常に働くのに欠かせない亜鉛はおよそ1/4とれます。 ぱらぱらとサラダやフルーツにかけたり、ブレンダーで水と混ぜるだけでヘンプミルクが作れてしまいます!ヘンプミルクはナッツミルクのように漉さなくても飲めるので、一番簡単にできる植物性ミルクかもしれません。ヘンプミルクを使ったビーガンいちごみるくの作り方は、Wellness To Goのアプリにのっています。 私はりんごやヨーグルト、オートミールにかけて食べることが多いです。 Nutiva ヘンプシード セイロンシナモン 体を温めてくれるスパイス、シナモン!先月開催された、Wellness To Goオンラインサロン限定ライブクッキングでも、シナモンをたっぷり使ってみんなで焼きりんごのガレットを作りました。 シナモンにも色々な種類がありますが、セイロンシナモンは癖のない柔らかな優しい香りで知られています。コーヒーや紅茶に加えたり、果物や料理のアクセント、ベーキングなど幅広く使えます。私は、スプーンいっぱいのカカオパウダーとシナモン少し、岩塩をほんのひとつまみギリシャヨーグルトのような固めのヨーグルトにかけて、ティラミス風にするのが好きです。 オーガニックセイロンシナモンパウダー オーガニックターメリックでターメリックラテを作ってみてね! お豆 お豆は優秀なたんぱく質源です!食物繊維もたっぷりで腹持ちも良いので、おやつにももってこいの食材です。オーブンやフライパンで焼くと、カリカリの栄養満点のヘルシーおやつ(おつまみ)ができます。最近北米では、お豆をスパイスやハーブなどをまぶして焼いたお菓子が増えています。ひよこ豆のローストは、空港やコンビニでも手に入るようになりました。日本にも、炒った大豆なんかは昔からありますが、さくさくのひよこ豆やレンズ豆も試してみてください。 レンズ豆ヒマラヤ岩塩味 お風呂のお供にエッセンシャルオイル 寒い日は、温かいお風呂が肌にしみますよね。お風呂から上がったら、体は体内の熱を放出します。湯冷めには気をつけてくださいね。お風呂にエッセンシャルオイルを数的たらして、リラックス効果を高めるのもおすすめです。皆さんは、どんな香りが好きですか? オーガニックラベンダーエッセンシャルオイル お風呂にエプソムソルトを入れて筋肉をほぐそう 食事から十分たんぱく質が取れない時に役立つプロテインパウダー たんぱく質は筋肉はもちろん、髪や爪、肌、免疫細胞、ホルモンなどの材料でもあります。日本人はたんぱく質不足の人が多いと言われています。肌や髪につややはりがない、風邪をひきやすい、疲れやすいなんて感じていませんか? 栄養素は、できるだけ自然に近い状態で食事から取るのが一番。しかし、少食であったり、活動量が多い人、手軽にたんぱく質をとりたいという人は、プロテインパウダーに頼るのも良いでしょう。 Amazing Glassのプロテインスーパーフードは、その名の通りプロテインだけでなく、スーパーフードや野菜、フルーツも含んでいます。たんぱく質だけでなくビタミンやミネラルもとれる植物性のプロテインパウダーです。 Amazing Grasss プロテイン&グリーンパウダー Garden of Lifeのローオーガニックプロテインは、高温加熱処理された材料を使っていないので、食材に含まれる栄養素や酵素が生きたまま入っている植物性プロテインパウダーです。たんぱく質を豊富に含む、お豆や発芽された雑穀などがブレンドされています。お豆からできたプロテインパウダーは消化されにくいので、消化を助ける消化酵素も加えられています。腸内環境を整えてくれるプロバイオティクスも入っています。           オーガニック植物性プロテインパウダー(非加熱)   冷えている時は、温かい格好をしたり、体を温める食べ物や飲み物を飲んだりすることももちろん大切です!しかし、体を冷やす原因を突き止めて、それらを取り除くことで、冷えや低体温だけでなく、肩こりや睡眠障害、むくみや肌荒れなど、他の不調も無くすことができるかもしれません^^   ホリスティック栄養士によるミニ栄養学オンライン講座 1週間の期間限定販売です。 1、血糖コントロールと体重管理 2、睡眠とホルモンバランス 3、脂質と美容とアンチエイジング 3つのワークショップ、ご興味のあるものをひとつ、もしくはまとめてお申し込みいただけます。 (↓ 写真をクリックしていただくとリンクにとびます ↓)     LINEが新しくなりました!こちらからお友達になってくれたら嬉しいです。
LINE限定インタビュー動画を定期的に配信しています。

健康

[iHerbおすすめ商品] 風邪予防、免疫アップにはこれ!

インスタライブで紹介した、免疫力アップにおすすめの商品をまとめました^^ だんだんと寒くなってきて、空気も乾燥する季節、普段から免疫力を高めていれば周りで風邪が流行っても安心です!たとえ体調を崩しても、免疫システムがちゃんと働いてくれれば、重症になったり長引いたりすることはありません。 ★はちみつの女王!マヌカハニー マヌカハニーとは、ニュージーランドで育つマヌカの木の花の蜜で作られたはちみつのことです。マヌカの葉や樹液は薬のような作用を持つと考えられ、万能薬として古くからニュージーランドの先住民たちによって利用されてきました。 風邪の引き始め、喉の痛みを感じたら、スプーンいっぱいをすくって舐めてみてください。傷や炎症に塗ると、炎症が早く治るなんて声も効きます。 マヌカの蜜がどれくらい入っているかで、等級が分けられています。風邪予防などに使いたい方はマルチフローラルといって、マヌカの蜜が多く含まれるがそれ以外の花の蜜も含んでいるものを選ぶと良いです。 Wedderspoonの未加工マルチフローラルマヌカハニー 慢性的な炎症に悩まされていたり、マヌカの力を最大限取り入れたい方はこちらを試してみてください。 Wedderspoon社 高濃度マヌカハニー マヌカハニーでなくても、生のはちみつはとても栄養価の高い食品です。ビタミン、ミネラル、ポリフェノールなどの抗酸化物質も含んでいる栄養たっぷりのはちみつは、日本でも風邪や疲労、炎症などに昔からよく使われてきました。アメリカで行われた研究では、市販の薬よりも生のはちみつを舐めた方が咳を抑えるのに効果的だったという報告がされています。 ちなみに、私は風邪のひき始めには、マヌカハニー、にんにくと生姜のすりおろしを少しのお湯に溶かしたものを飲んでいます笑 レモンを絞ったり、ターメリックパウダーを入れることもあります。勇気のある人は試してみてください。 1匹のミツバチが一生に採れるはちみつの量は、ティスプーン1杯分と言われています。そう考えると、自然の恵みに感謝しながら、大切に食べたいと思います^^ はちみつは地元でとれたものを食べると花粉症などにも良いと言われていますが、「種類がありすぎてどれが良いかわからない」そんな方は、こちらの生はちみつを試してみてください。 未加工オーガニック生はちみつ ※1歳未満のお子様は幼児ボツリヌス症の危険性があるため、はちみつは食べさせないように気をつけてください。 ★ハーブティで温まりながら風邪予防 サプリメントは苦手だなという方には、ハーブティがおすすめです。Traditional Medicinals社が出している免疫サポート用のエキナセアティには、抗菌、抗ウイルス作用のあるエキナセアだけでなく、免疫力を高める助けをしてくれると考えられているエルダーベリーが入っています。 カナダでは、風邪にはオレガノオイルかエキナセア、風邪の予防にはエルダーベリーを使う人が多いです。 喉のイガイガに エキナセアとエルダーベリーのハーブティ ★免疫と言ったら絶対に無視できない腸内細菌 そして、いつも言っていますが、免疫システムの7、8割は、消化管の中に存在しています。腸内環境を整えることはとても大切です。 腸内環境を整えるには、善玉菌を含む発酵食品や、善玉菌の餌となるプレバイオティクスを多く含む食物繊維などを毎日とることが大切です。 大平先生のプロバイオティクス プレバイオティクス、ポストバイオティクス入り Dr. Ohiraさんのプロバイオティクスは、野菜や果物、海藻やハーブなどを3年間丁寧に発酵させ、サプリメントにしています。腸内細菌のバランスを整えてくれる、プロバイオティクス(善玉菌)、プレバイオティクス(善玉菌のえさ)がとれるだけでなく、発酵の過程で作られた短鎖脂肪酸などのポストバイオティクスも含まれています。 最近になって、プロバイオティクスがプレバイオティクスを代謝することで、病気を防いだり、ホルモンバランスを整えたり、免疫システムが正常に働く助けをするなどの効果のあるポストバイオティクスを作ることができることがわかってきました。 サプリメントはあくまでも足りないものを補うものなので、免疫アップには、普段から栄養のあるものをバランスよくとり、太陽にあたり、自然にふれ、適度な運動をし、よく寝るのが一番です。常にそんなお手本のような生活はできませんが、時々自分の生活を見直してみることを忘れないようにしたいです^^     それぞれ1日1回押していただくとブログランキングに反映されます。どうぞご協力お願いします!自分の心身をいたわる時間を作る人が増えるといいなぁ。 
 LINEが新しくなりました!こちらからお友達になってくれたら嬉しいです。
LINE限定インタビュー動画を定期的に配信しています。

骨盤が歪んでいるのは当たり前!?大切なのは思い切り緩んで、縮むことBody

骨盤が歪んでいるのは当たり前!?大切なのは思い切り緩んで、縮むこと

この記事を書いた人 ヨガインストラクター、メイクアップアーティスト Yurina 骨盤が歪んでいるのは、悪いことではない  ”骨盤が歪んでいると良くない” そんなイメージを抱いている人が多いのではないでしょうか? 実は骨盤は常に動いているので、左右差が生まれたり、ねじれたり、といったことが生じます。 ですので固定された”正しい骨盤”というのは実はないんです。  骨盤は左右の動きに時間差があるので、左右同時に動くことはありません。その左右差が大きくなる時というのは、疲れやコリがある時、頑張りすぎていたりと緊張している状態の時が多いです。そしてリラックスしている状態だと骨盤がゆるんで広がるます。多くの人は右から骨盤が広がって、次に左が広がります。この時、左が広がらないという時に、頭痛や肩こりなどの不調につながるのです。 ヨガクラスの中だと、アーサナ中は集中して骨盤が縮んで、最後のシャバーサナでリラックスし骨盤もゆるむのでいい感じに疲れも抜けてスッキリとすると思います。  ”骨盤が歪んでいるのが良くない”という認識は、骨盤が左右差やねじれが生じて、歪んだまま動かなくなってしまっている状態、うまく開閉できていない状態のこと。  だから”骨盤が歪む”というのは活発に骨盤がちゃんと動いている証拠です。その歪みを固定して止めてしまわないというのが大切になってきます。 骨盤の開閉の動きを感じてみよう 呼吸とともに感じる お腹に手を当てて、吸う息でお腹をプク~っと膨らまし、吐く息で縮む、お腹の中に風船があるイメージで腹式呼吸をしてみます。 腹式呼吸に慣れてきたら、お腹に当てていた手を腰横の骨、腸骨に当て、呼吸をしてみます。 吸う息で、当てている骨が外に開き、吐く息で縮みませんか?? 腹式呼吸により、深い呼吸、リラックスしている状態になったことで、骨盤の開閉がスムーズになります。 頭蓋骨との連動 実は骨盤と頭蓋骨が連動しているって知っていましたか? 後頭部の下の方に、逆V字にくぼんでいる部分があると思います。そのてっぺんの繋ぎめ部分に手を当てます。 お尻の穴をキュッと締めて、緩めてみましょう。それと同時に後頭部も動くのを感じませんか?? このように骨盤は体全身とつながっているとても大切な部分なのです。 骨盤底筋と骨盤の動きの関係 骨盤周りの筋肉で意識的に縮めることができるのが骨盤底筋。この骨盤底筋は緊張している状態、頑張りすぎていると縮んだ状態が続き硬くなってしまい、緩むことを忘れてしまいます。  骨盤は底部が緩めば上部が緩み、底部が縮めば上部も縮みます。ですから底部が緩むことを忘れてしまうと、縮んだ状態、つまり骨盤が閉まった状態が続いてしまい骨盤の歪みの固定をしたままになってしまうのです。 たくさん緩めることができれば、その分縮むことができる。骨盤の開閉をスムーズにするのに大切なことです。 思いっきりゆるめよう!! ではどうしたら緩めることができるのでしょうか?? それは心にも体にも無理をさせないこと。 SOSのサインが出る前に、自分の状態に気づいてあげて積極的に休ませてあげること。 呼吸が深くできる状態にしてあげること。 そういった面で、定期的にヨガをすることは”ゆるめる”ことが上手になると思います。   骨盤をテーマにしたヨガクラスでなくても、”ヨガ”をして自分を緩めてあげることが”骨盤の歪み”をなくすことに繋がりますので、そういったことも意識してヨガを楽しんでみてください。 それぞれ1日1回押していただくとブログランキングに反映されます。どうぞご協力お願いします!自分の心身をいたわる時間を作る人が増えるといいなぁ。 
 LINEが新しくなりました!こちらからお友達になってくれたら嬉しいです。
LINE限定インタビュー動画を定期的に配信しています。

春のデトックス!デトックスの臓器、肝臓の働きを高める3つの方法!健康

春のデトックス!デトックスの臓器、肝臓の働きを高める3つの方法

肝臓は体の中の毒素から毒性をなくし、体の外へ排除する助けをするデトックスの臓器です。肝臓はデトックス以外にも、栄養素を体が使える物質に変えてそれを体が必要とするまで溜めておいたり、脂肪を分解してエネルギーを作る、などの多くの働きをもっています。ストレスや食生活の乱れ、環境汚染によって、負担がかかりがちな肝臓。   体に毒素を溜めないようにするには、肝臓に負担をかけ過ぎないこと、疲れた肝臓は休ませてあげることが大切です。     1、肝臓に優しい食事 消化のしやすい食べ物 発酵や発芽されたものはその過程で大きな栄養素の塊が小さい物質に分解され、吸収されやすくなっています。また、調理することでも、消化がしやすくなります。風邪や二日酔いなどの食欲の無い時に、お粥やスープなどを食べると良いのはこのためです。 肝臓の働きを支えてくれる緑の葉野菜や苦い野菜、良質な脂質を食物繊維を十分取りましょう。旬の食べ物や地元で採れたものを選ぶと良いです。 具体的には、ブロッコリー、ケール、ほうれん草、小松菜、さば、秋刀魚、いわし、サーモン、にんじん、アボカド、アーモンド、くるみ、ごま、ヘンプシード、たまごなどがあります。もっと詳しく知りたい方は、下記のブログも覗いてみてください。 食べなさすぎでも脂肪肝に?肝臓に良い食材で毒素を排出できる体をつくろう また、インターミッテントファースティングや食事の一部を酵素ドリンクに置き換えることで、肝臓の仕事を減らし、肝臓を休ませることができます。 ダイエットだけじゃなくホルモンバランスにもいい!インターミッテントファスティングの効果 酵素ドリンクは発酵食品で、腸内環境を整えるプロバイオティクスやプレバイオティクスが豊富に含まれています。食事を抜くと栄養不足やエネルギー不足になってしまうけれど、肝臓を少しだけ休ませたい人や栄養吸収が効率的にできない体を持っている人、お年寄りにもおすすめです。 酵素と言ってもいろいろな種類があるので、しっかりと発酵、熟成してあり、不必要な添加物の入っていないもの、質の良い材料を使って作ってあるもの、薄めていないものを選ぶと良いです。 2、肝臓の負担となるもの、毒素を減らす 最近大注目の腸内環境は、肝臓の健康とも深い関係があります。 腸内の悪玉菌は毒素を排出し、腸の壁や肝臓にダメージを与えます。腸内環境を整えてくれる発酵食品や食物繊維を毎日少しづつとりましょう。 腸内環境を崩したり肝臓に負担を与える可能性があると言われている、農薬や化学肥料、ホルモン剤、抗生物質を無しで作られた食材を選び、アルコールやカフェイン、添加物を含むもの、加工食品をできる限り避けましょう。 薬やサプリメントの取りすぎも肝臓に負担をかけます。本当に必要なものだけを必要な時だけとるようにしましょう。 薬を処方されている方は、自分の判断で薬の使用をやめないでください。 3、怒りは肝臓にダメージを与える? 中医学で、”怒り”は肝臓と深い関係があると言われています。怒ってばかりいると肝臓に負担がかかり、逆に肝臓が弱っていると怒りやすくなると考えられています。 ストレスを無くすことは不可能ですし、ある程度のストレスは体に良い働きもします。大切なのは、ストレスと上手に付き合い、溜めこまないこと。 気を使わない家族や友人との時間や趣味の時間を大切にしたり、日記をつけたり、運動や瞑想をすることで、ストレスを溜めないようにできると良いです。 大人気のウェルネス to goのアプリでは、初心者でもお家で簡単にできる瞑想が沢山のっています。まだ試したことがない方は、ぜひ7日間の無料トライアルを試してみてください^^ 自然にふれるのもストレスを減らすのに効果的です。部屋やオフィスに観葉植物をおいたり、緑のある公園を散歩したり、時間のある時には山や海へ遊びに行って思いっきり自然を満喫するのも良いです。空気の綺麗なところで深呼吸をすると、それだけでからだの中から浄化されたような気がします^^ デトックスキットやサプリメントってどうなの? 普段の食生活を見直さずに短期間でからだの毒素を出しても、体の負担になってしまいますし、またすぐ元の状態に戻ってしまいます。 個人的にはデトックスキットやサプリメントをとるよりも、新鮮な野菜をたくさん食べて、発酵食品を積極的にとり、お腹の空いた時にバランスの良い食事を腹八分目までとること。肝臓が頑張り過ぎていると感じたら、少し休ませてあげる。これらを普段から意識することが大切だと思っています。 もちろん毎食毎食完璧にしていたらストレスも溜まってしまうので、自分が心地良いと感じられるバランスをみつけ、できる範囲でやっていくのが一番です。 サプリメントの中には、下剤として使われるハーブが大量に、または何種類も組み合わせてあるものもあります。下痢が続いたり、消化器官を傷つけてしまう可能性もあります。初めての場合は専門家に相談して、初心者用のものを選ぶことをお勧めします。 どうしてもデトックスに効くサプリメントをとりたい方へ、私がお勧めするもの プロバイオティクス 植物を発酵させて作られているもので、不必要な添加物の入っていないもの選ぶと良いです。 コンブチャとケフィアの乳酸菌で野菜やハーブ発酵させて作られているLiving Alchemy社のプロバイオティクスや、100種類以上の果物や野菜を発酵、熟成させて作られたR’s Kosoの酵素ドリンクには、プロバイオティクスだけでなく、腸内細菌の餌となるプレバイオティクス、そして材料の食材や発酵の過程で作られた栄養素がたっぷり詰まっているのでおすすめです。 *両方とも北米で売られている商品です。日本にあるもので、良さそうなものがみつかったら、また紹介しますね! 1年に数回、短期間だけ食生活を変えたりサプリメントをとることをデトックスと呼ぶのではなく、定期的に日常生活に目を向けて、体が何を求めていて何を必要としていないかにしっかりと耳を傾けること。目をそらさないこと。その時の自分に負担のかからない範囲で、生活を整えること。 それが一番効果的なデトックス方法なのではないかなと思います。   こちらの肝臓に効くデトックスヨガも合わせてやってみてください。   LINEもフォローしてね❤️朝の瞑想をプレゼントしています。   この記事を書いた人 Eriko ホリスティック栄養士 カナダでホリスティック栄養士をやっています。 体を動かすこと、体が喜ぶ物を食べるのが大好きです。 好きな人たちと笑顔で毎日を過ごす、そんなシンプルなことを大切にしています。私のウェブサイトでは、美容家の間で噂のオイル、抗酸化作用がたっぷりの「カカイオイル」を販売しています。 興味がある方はこちらから詳細をご覧ください。 https://www.cacayoilbeauty.com >>ウェブサイト >>インスタグラム  >>facebook  

免疫力を高める方法!ビタミンCサプリメントは効果なし?ナチュラルレメディ〜サプリ編〜 健康

免疫力を高める方法!ビタミンCサプリメントは効果なし?ナチュラルレメディ〜サプリ編〜 

冬は乾燥や冷えが原因で風邪の流行る季節です。小さなお子さんのいる家庭や人の集まる場所に行く機会の多い方は、風邪の原因となるウイルスを拾ってきやすいです。 たまには熱を出して体を殺菌すると良いと聞いたことがありますが、できれば風邪をひいて寝込むことは避けたいですよね! 風邪を引き起こすウイルスをやっつける薬はまだ存在しません。病院で風邪だと診断されて処方されることが多いのは、解熱剤、鎮痛剤、咳止め薬などの風邪の症状を抑える薬です。合併症の防止のために抗生物質が出されることもありますが、抗生物質は細菌の繁殖を抑えるもので、風邪の原因であるウイルスには効果がありません。風邪の後に細菌が体に入り込んで悪さをしている場合は、その細菌に対しては働きます。 このような風邪薬は、どうしても仕事や学校を休むことができない時に風邪の症状を抑えるのには便利なものかもしれません。もともと何か他の病気を患っている人など、薬が必要な人もいるかもしれませんが、風邪を治すのに本当に薬が自分に必要なのか、もっとよく考える必要があるのではないかなと思います。 私がそう思う理由は、熱や咳などの症状は、体が一生懸命ウイルスと戦っているから起こる必要な反応だと思うからです。体が正常に動いている証拠。体調が悪くて力が出ないのも食欲が出ないのも、体が出来る限りのエネルギーを細菌と戦うために使得るように、ゆっくり休むよう一生懸命私たちに伝えようとしているからなのではないでしょうか。 カナダでは、風邪を引いている時に仕事や学校に行ったら、早く家に帰って休みなさいと言われます。薬を飲んで症状を抑えて無理をして仕事や学校に行くという考え方はあまり一般的ではありません。むしろ、風邪をうつしに来たのかと嫌がられるでしょう。 風邪をひかないように普段から免疫力を上げておくのが一番ですが、世の中思い通りにいかないこともありますよね笑 今日は、風邪を引きそうだなと感じた時におすすめのナチュラルレメディーを6つ紹介します。 エキネシア 抗ウイルス作用、抗炎症作用があり、免疫力を高めてもくれます。お茶やサプリメントでとると良いです。3週間を超える長期の使用はお勧めしません。 スイス発祥のハーブサプリメントの老舗A Vogel社のエキネシア エルダーベリーシロップ エルダーベリーは、ポリフェノールやビタミンA、ビタミンCなどの抗酸化物質をたっぷり含んでいて、その量はブルーベリーやクランベリーの2~3倍とも言われています。抗ウイルス作用、免疫力を高める効果があります。目や肌の健康にも!甘いシロップは子供でも飲みやすいです。普段から予防のためにエルダーベリーシロップを飲んでいると、風邪をひかなくなったり、風邪をひいても軽い症状ですむなんて声をちらほら聞きます。 オレガノオイル オレガノオイルについてはありささんが以前ブログにも書いています。自然の抗生物質と言われるオレガノオイルは、抗ウイルス作用もあります。癖のある味ですが、良薬口に苦しです!苦手な人のために、カプセル状のものもあります。カプセルを選ぶ時は、吸収されやすい中味が液体状のジェルカプセルを選ぶと良いです。 天然の抗生物質?! 風邪や乾燥の季節に頼れる「オレガノオイル」の効能と使い方 ナチュラルファクター社のオレガノオイル液体カプセル プロバイオティクス およそ80%の免疫システムは、消化管の中に存在すると言われています。そして、その消化管を住処にしているのは細菌やバクテリアなどの微生物たちです。プロバイオティクスは私たちの体の働きを正常に保ち、健康を維持するのを助けてくれる微生物たちです。発酵食品やサプリメントからとることができます。 野菜や果物を3年以上発酵させて作られたDr.Ohiraのプロバイオティクス ビタミンC 健康な人がビタミンCをとっても、風邪をひきにくくなる訳ではないようですが、ビタミンC不足は免疫力の低下や体調不良と関係しています。実は、ビタミンCは水溶性のビタミンで、熱にも弱いです。必要以上の洗浄、調理によってビタミンCの量は減ってしまいます。新鮮な野菜を生で食べていますか?忙しいとお惣菜や市販の加工食品で食事を済ませてしまう人、もしかしたらビタミンCが不足しているかもしれません。ビタミンCは、肌の弾力を保つのに大切なコラーゲンの生成や鉄分の吸収にも必要です。 ガーデンオブライフ社のオーガニックビタミンCスプレーで美味しくビタミンC補給 亜鉛 亜鉛はウイルスが体の中で増えるスピードをゆっくりにする助けをすると言われています。亜鉛入りのトローチや喉あめは、喉の痛みを和らげる助けもしてくれます。 亜鉛入りのど飴(オーガニックエルダーベリー入り)   体の組織や免疫細胞を作っているのも、それらが正常に働くようにするものも、食べ物です。栄養価の高いものを食べること、そして食べたものをしっかりと消化、吸収することもとても大切です。 免疫力を高める栄養素!風邪予防にオススメの食べ物とは? 風邪をひいてしまったら無理をせずに、水分をたっぷりとり、たくさん寝るのが一番! 最近、忙しかったり、必要以上に周りに気を使ったり、知らず知らず頑張り過ぎていませんでしたか?体調を崩すということは、体がゆっくり休んでと知らせているということ。 体の声にしっかり声を傾けて、自分を大切にしてあげましょう^^     この記事を書いた人 Eriko ホリスティック栄養士 カナダでホリスティック栄養士をやっています。 体を動かすこと、体が喜ぶ物を食べるのが大好きです。 好きな人たちと笑顔で毎日を過ごす、そんなシンプルなことを大切にしています。私のウェブサイトでは、美容家の間で噂のオイル、抗酸化作用がたっぷりの「カカイオイル」を販売しています。 興味がある方はこちらから詳細をご覧ください。 https://www.cacayoilbeauty.com >>ウェブサイト >>インスタグラム  >>facebook