健康

骨盤が歪んでいるのは当たり前!?大切なのは思い切り緩んで、縮むことBody

骨盤が歪んでいるのは当たり前!?大切なのは思い切り緩んで、縮むこと

この記事を書いた人 ヨガインストラクター、メイクアップアーティスト Yurina 骨盤が歪んでいるのは、悪いことではない  ”骨盤が歪んでいると良くない” そんなイメージを抱いている人が多いのではないでしょうか? 実は骨盤は常に動いているので、左右差が生まれたり、ねじれたり、といったことが生じます。 ですので固定された”正しい骨盤”というのは実はないんです。  骨盤は左右の動きに時間差があるので、左右同時に動くことはありません。その左右差が大きくなる時というのは、疲れやコリがある時、頑張りすぎていたりと緊張している状態の時が多いです。そしてリラックスしている状態だと骨盤がゆるんで広がるます。多くの人は右から骨盤が広がって、次に左が広がります。この時、左が広がらないという時に、頭痛や肩こりなどの不調につながるのです。 ヨガクラスの中だと、アーサナ中は集中して骨盤が縮んで、最後のシャバーサナでリラックスし骨盤もゆるむのでいい感じに疲れも抜けてスッキリとすると思います。  ”骨盤が歪んでいるのが良くない”という認識は、骨盤が左右差やねじれが生じて、歪んだまま動かなくなってしまっている状態、うまく開閉できていない状態のこと。  だから”骨盤が歪む”というのは活発に骨盤がちゃんと動いている証拠です。その歪みを固定して止めてしまわないというのが大切になってきます。 骨盤の開閉の動きを感じてみよう 呼吸とともに感じる お腹に手を当てて、吸う息でお腹をプク~っと膨らまし、吐く息で縮む、お腹の中に風船があるイメージで腹式呼吸をしてみます。 腹式呼吸に慣れてきたら、お腹に当てていた手を腰横の骨、腸骨に当て、呼吸をしてみます。 吸う息で、当てている骨が外に開き、吐く息で縮みませんか?? 腹式呼吸により、深い呼吸、リラックスしている状態になったことで、骨盤の開閉がスムーズになります。 頭蓋骨との連動 実は骨盤と頭蓋骨が連動しているって知っていましたか? 後頭部の下の方に、逆V字にくぼんでいる部分があると思います。そのてっぺんの繋ぎめ部分に手を当てます。 お尻の穴をキュッと締めて、緩めてみましょう。それと同時に後頭部も動くのを感じませんか?? このように骨盤は体全身とつながっているとても大切な部分なのです。 骨盤底筋と骨盤の動きの関係 骨盤周りの筋肉で意識的に縮めることができるのが骨盤底筋。この骨盤底筋は緊張している状態、頑張りすぎていると縮んだ状態が続き硬くなってしまい、緩むことを忘れてしまいます。  骨盤は底部が緩めば上部が緩み、底部が縮めば上部も縮みます。ですから底部が緩むことを忘れてしまうと、縮んだ状態、つまり骨盤が閉まった状態が続いてしまい骨盤の歪みの固定をしたままになってしまうのです。 たくさん緩めることができれば、その分縮むことができる。骨盤の開閉をスムーズにするのに大切なことです。 思いっきりゆるめよう!! ではどうしたら緩めることができるのでしょうか?? それは心にも体にも無理をさせないこと。 SOSのサインが出る前に、自分の状態に気づいてあげて積極的に休ませてあげること。 呼吸が深くできる状態にしてあげること。 そういった面で、定期的にヨガをすることは”ゆるめる”ことが上手になると思います。   骨盤をテーマにしたヨガクラスでなくても、”ヨガ”をして自分を緩めてあげることが”骨盤の歪み”をなくすことに繋がりますので、そういったことも意識してヨガを楽しんでみてください。 それぞれ1日1回押していただくとブログランキングに反映されます。どうぞご協力お願いします!自分の心身をいたわる時間を作る人が増えるといいなぁ。 
 LINEが新しくなりました!こちらからお友達になってくれたら嬉しいです。
LINE限定インタビュー動画を定期的に配信しています。

春のデトックス!デトックスの臓器、肝臓の働きを高める3つの方法!健康

春のデトックス!デトックスの臓器、肝臓の働きを高める3つの方法

肝臓は体の中の毒素から毒性をなくし、体の外へ排除する助けをするデトックスの臓器です。肝臓はデトックス以外にも、栄養素を体が使える物質に変えてそれを体が必要とするまで溜めておいたり、脂肪を分解してエネルギーを作る、などの多くの働きをもっています。ストレスや食生活の乱れ、環境汚染によって、負担がかかりがちな肝臓。   体に毒素を溜めないようにするには、肝臓に負担をかけ過ぎないこと、疲れた肝臓は休ませてあげることが大切です。     1、肝臓に優しい食事 消化のしやすい食べ物 発酵や発芽されたものはその過程で大きな栄養素の塊が小さい物質に分解され、吸収されやすくなっています。また、調理することでも、消化がしやすくなります。風邪や二日酔いなどの食欲の無い時に、お粥やスープなどを食べると良いのはこのためです。 肝臓の働きを支えてくれる緑の葉野菜や苦い野菜、良質な脂質を食物繊維を十分取りましょう。旬の食べ物や地元で採れたものを選ぶと良いです。 具体的には、ブロッコリー、ケール、ほうれん草、小松菜、さば、秋刀魚、いわし、サーモン、にんじん、アボカド、アーモンド、くるみ、ごま、ヘンプシード、たまごなどがあります。もっと詳しく知りたい方は、下記のブログも覗いてみてください。 食べなさすぎでも脂肪肝に?肝臓に良い食材で毒素を排出できる体をつくろう また、インターミッテントファースティングや食事の一部を酵素ドリンクに置き換えることで、肝臓の仕事を減らし、肝臓を休ませることができます。 ダイエットだけじゃなくホルモンバランスにもいい!インターミッテントファスティングの効果 酵素ドリンクは発酵食品で、腸内環境を整えるプロバイオティクスやプレバイオティクスが豊富に含まれています。食事を抜くと栄養不足やエネルギー不足になってしまうけれど、肝臓を少しだけ休ませたい人や栄養吸収が効率的にできない体を持っている人、お年寄りにもおすすめです。 酵素と言ってもいろいろな種類があるので、しっかりと発酵、熟成してあり、不必要な添加物の入っていないもの、質の良い材料を使って作ってあるもの、薄めていないものを選ぶと良いです。 2、肝臓の負担となるもの、毒素を減らす 最近大注目の腸内環境は、肝臓の健康とも深い関係があります。 腸内の悪玉菌は毒素を排出し、腸の壁や肝臓にダメージを与えます。腸内環境を整えてくれる発酵食品や食物繊維を毎日少しづつとりましょう。 腸内環境を崩したり肝臓に負担を与える可能性があると言われている、農薬や化学肥料、ホルモン剤、抗生物質を無しで作られた食材を選び、アルコールやカフェイン、添加物を含むもの、加工食品をできる限り避けましょう。 薬やサプリメントの取りすぎも肝臓に負担をかけます。本当に必要なものだけを必要な時だけとるようにしましょう。 薬を処方されている方は、自分の判断で薬の使用をやめないでください。 3、怒りは肝臓にダメージを与える? 中医学で、”怒り”は肝臓と深い関係があると言われています。怒ってばかりいると肝臓に負担がかかり、逆に肝臓が弱っていると怒りやすくなると考えられています。 ストレスを無くすことは不可能ですし、ある程度のストレスは体に良い働きもします。大切なのは、ストレスと上手に付き合い、溜めこまないこと。 気を使わない家族や友人との時間や趣味の時間を大切にしたり、日記をつけたり、運動や瞑想をすることで、ストレスを溜めないようにできると良いです。 大人気のウェルネス to goのアプリでは、初心者でもお家で簡単にできる瞑想が沢山のっています。まだ試したことがない方は、ぜひ7日間の無料トライアルを試してみてください^^ 自然にふれるのもストレスを減らすのに効果的です。部屋やオフィスに観葉植物をおいたり、緑のある公園を散歩したり、時間のある時には山や海へ遊びに行って思いっきり自然を満喫するのも良いです。空気の綺麗なところで深呼吸をすると、それだけでからだの中から浄化されたような気がします^^ デトックスキットやサプリメントってどうなの? 普段の食生活を見直さずに短期間でからだの毒素を出しても、体の負担になってしまいますし、またすぐ元の状態に戻ってしまいます。 個人的にはデトックスキットやサプリメントをとるよりも、新鮮な野菜をたくさん食べて、発酵食品を積極的にとり、お腹の空いた時にバランスの良い食事を腹八分目までとること。肝臓が頑張り過ぎていると感じたら、少し休ませてあげる。これらを普段から意識することが大切だと思っています。 もちろん毎食毎食完璧にしていたらストレスも溜まってしまうので、自分が心地良いと感じられるバランスをみつけ、できる範囲でやっていくのが一番です。 サプリメントの中には、下剤として使われるハーブが大量に、または何種類も組み合わせてあるものもあります。下痢が続いたり、消化器官を傷つけてしまう可能性もあります。初めての場合は専門家に相談して、初心者用のものを選ぶことをお勧めします。 どうしてもデトックスに効くサプリメントをとりたい方へ、私がお勧めするもの プロバイオティクス 植物を発酵させて作られているもので、不必要な添加物の入っていないもの選ぶと良いです。 コンブチャとケフィアの乳酸菌で野菜やハーブ発酵させて作られているLiving Alchemy社のプロバイオティクスや、100種類以上の果物や野菜を発酵、熟成させて作られたR’s Kosoの酵素ドリンクには、プロバイオティクスだけでなく、腸内細菌の餌となるプレバイオティクス、そして材料の食材や発酵の過程で作られた栄養素がたっぷり詰まっているのでおすすめです。 *両方とも北米で売られている商品です。日本にあるもので、良さそうなものがみつかったら、また紹介しますね! 1年に数回、短期間だけ食生活を変えたりサプリメントをとることをデトックスと呼ぶのではなく、定期的に日常生活に目を向けて、体が何を求めていて何を必要としていないかにしっかりと耳を傾けること。目をそらさないこと。その時の自分に負担のかからない範囲で、生活を整えること。 それが一番効果的なデトックス方法なのではないかなと思います。   こちらの肝臓に効くデトックスヨガも合わせてやってみてください。   LINEもフォローしてね❤️朝の瞑想をプレゼントしています。   この記事を書いた人 Eriko ホリスティック栄養士 カナダでホリスティック栄養士をやっています。 体を動かすこと、体が喜ぶ物を食べるのが大好きです。 好きな人たちと笑顔で毎日を過ごす、そんなシンプルなことを大切にしています。私のウェブサイトでは、美容家の間で噂のオイル、抗酸化作用がたっぷりの「カカイオイル」を販売しています。 興味がある方はこちらから詳細をご覧ください。 https://www.cacayoilbeauty.com >>ウェブサイト >>インスタグラム  >>facebook  

免疫力を高める方法!ビタミンCサプリメントは効果なし?ナチュラルレメディ〜サプリ編〜 健康

免疫力を高める方法!ビタミンCサプリメントは効果なし?ナチュラルレメディ〜サプリ編〜 

冬は乾燥や冷えが原因で風邪の流行る季節です。小さなお子さんのいる家庭や人の集まる場所に行く機会の多い方は、風邪の原因となるウイルスを拾ってきやすいです。 たまには熱を出して体を殺菌すると良いと聞いたことがありますが、できれば風邪をひいて寝込むことは避けたいですよね! 風邪を引き起こすウイルスをやっつける薬はまだ存在しません。病院で風邪だと診断されて処方されることが多いのは、解熱剤、鎮痛剤、咳止め薬などの風邪の症状を抑える薬です。合併症の防止のために抗生物質が出されることもありますが、抗生物質は細菌の繁殖を抑えるもので、風邪の原因であるウイルスには効果がありません。風邪の後に細菌が体に入り込んで悪さをしている場合は、その細菌に対しては働きます。 このような風邪薬は、どうしても仕事や学校を休むことができない時に風邪の症状を抑えるのには便利なものかもしれません。もともと何か他の病気を患っている人など、薬が必要な人もいるかもしれませんが、風邪を治すのに本当に薬が自分に必要なのか、もっとよく考える必要があるのではないかなと思います。 私がそう思う理由は、熱や咳などの症状は、体が一生懸命ウイルスと戦っているから起こる必要な反応だと思うからです。体が正常に動いている証拠。体調が悪くて力が出ないのも食欲が出ないのも、体が出来る限りのエネルギーを細菌と戦うために使得るように、ゆっくり休むよう一生懸命私たちに伝えようとしているからなのではないでしょうか。 カナダでは、風邪を引いている時に仕事や学校に行ったら、早く家に帰って休みなさいと言われます。薬を飲んで症状を抑えて無理をして仕事や学校に行くという考え方はあまり一般的ではありません。むしろ、風邪をうつしに来たのかと嫌がられるでしょう。 風邪をひかないように普段から免疫力を上げておくのが一番ですが、世の中思い通りにいかないこともありますよね笑 今日は、風邪を引きそうだなと感じた時におすすめのナチュラルレメディーを6つ紹介します。 エキネシア 抗ウイルス作用、抗炎症作用があり、免疫力を高めてもくれます。お茶やサプリメントでとると良いです。3週間を超える長期の使用はお勧めしません。 スイス発祥のハーブサプリメントの老舗A Vogel社のエキネシア エルダーベリーシロップ エルダーベリーは、ポリフェノールやビタミンA、ビタミンCなどの抗酸化物質をたっぷり含んでいて、その量はブルーベリーやクランベリーの2~3倍とも言われています。抗ウイルス作用、免疫力を高める効果があります。目や肌の健康にも!甘いシロップは子供でも飲みやすいです。普段から予防のためにエルダーベリーシロップを飲んでいると、風邪をひかなくなったり、風邪をひいても軽い症状ですむなんて声をちらほら聞きます。 オレガノオイル オレガノオイルについてはありささんが以前ブログにも書いています。自然の抗生物質と言われるオレガノオイルは、抗ウイルス作用もあります。癖のある味ですが、良薬口に苦しです!苦手な人のために、カプセル状のものもあります。カプセルを選ぶ時は、吸収されやすい中味が液体状のジェルカプセルを選ぶと良いです。 天然の抗生物質?! 風邪や乾燥の季節に頼れる「オレガノオイル」の効能と使い方 ナチュラルファクター社のオレガノオイル液体カプセル プロバイオティクス およそ80%の免疫システムは、消化管の中に存在すると言われています。そして、その消化管を住処にしているのは細菌やバクテリアなどの微生物たちです。プロバイオティクスは私たちの体の働きを正常に保ち、健康を維持するのを助けてくれる微生物たちです。発酵食品やサプリメントからとることができます。 野菜や果物を3年以上発酵させて作られたDr.Ohiraのプロバイオティクス ビタミンC 健康な人がビタミンCをとっても、風邪をひきにくくなる訳ではないようですが、ビタミンC不足は免疫力の低下や体調不良と関係しています。実は、ビタミンCは水溶性のビタミンで、熱にも弱いです。必要以上の洗浄、調理によってビタミンCの量は減ってしまいます。新鮮な野菜を生で食べていますか?忙しいとお惣菜や市販の加工食品で食事を済ませてしまう人、もしかしたらビタミンCが不足しているかもしれません。ビタミンCは、肌の弾力を保つのに大切なコラーゲンの生成や鉄分の吸収にも必要です。 ガーデンオブライフ社のオーガニックビタミンCスプレーで美味しくビタミンC補給 亜鉛 亜鉛はウイルスが体の中で増えるスピードをゆっくりにする助けをすると言われています。亜鉛入りのトローチや喉あめは、喉の痛みを和らげる助けもしてくれます。 亜鉛入りのど飴(オーガニックエルダーベリー入り)   体の組織や免疫細胞を作っているのも、それらが正常に働くようにするものも、食べ物です。栄養価の高いものを食べること、そして食べたものをしっかりと消化、吸収することもとても大切です。 免疫力を高める栄養素!風邪予防にオススメの食べ物とは? 風邪をひいてしまったら無理をせずに、水分をたっぷりとり、たくさん寝るのが一番! 最近、忙しかったり、必要以上に周りに気を使ったり、知らず知らず頑張り過ぎていませんでしたか?体調を崩すということは、体がゆっくり休んでと知らせているということ。 体の声にしっかり声を傾けて、自分を大切にしてあげましょう^^     この記事を書いた人 Eriko ホリスティック栄養士 カナダでホリスティック栄養士をやっています。 体を動かすこと、体が喜ぶ物を食べるのが大好きです。 好きな人たちと笑顔で毎日を過ごす、そんなシンプルなことを大切にしています。私のウェブサイトでは、美容家の間で噂のオイル、抗酸化作用がたっぷりの「カカイオイル」を販売しています。 興味がある方はこちらから詳細をご覧ください。 https://www.cacayoilbeauty.com >>ウェブサイト >>インスタグラム  >>facebook