ヨガ

Blog

飽き性、三日坊主で何が悪い!

ヨガ飽きちゃう!なんていうひといますか?.. いきなり告白です。私、飽き性で三日坊主です。ストイックではないし、ハマるっていうことがあまりない。 何をやっても中途半端で80%で満足しちゃうんですよね…そんな人他にもいる?   「これじゃあ一流にはなれないな・・」   そんな自分が嫌だなぁって思ったこともありました。 ま、なんの一流になりたいんだ?!って感じですけど。笑 今はそんな飽き性で何をやっても中途半端な自分でもま、いっかなー。むしろ強みにできるかな?!って思っています。 ぶっちゃけていいますが… ヨガもね、このポーズが絶対にできるようになりたい!とかっていうストイックさがない… そしてヨガに飽きることもあるんです! 教えている側なのに!!ありえない!! って思った? いやいや、みんな人間です。笑 でもね、教えることは不思議と飽きません。飽きたら、楽しくなるような工夫をします。自分でヨガをすることが飽きる時がある。笑 だからそういう時も、ワークショップとったり、インスパイアされるように工夫します。 それでも、こうやって私にしては珍しく10年くらいもヨガを続けていられるのは、私にとってヨガはただポーズをこなしていくというものではなかったから。それ以上に体と心、メンタルに大きな効果があったからだと思います。 バンクーバーに来てマッサージの仕事をしていた私は、セルフケアのためにヨガをしていました。 人に触れるっていう仕事は身体も精神的にも疲れる時があります。自分軸を持って、グラウンディングしていないと、マッサージをやった後にそのお客さんのエネルギーみたいなものをもらったりする場合もあります。。 もっちろん!施術する側も肩がこります。 強い体とメンタルを作りたい! なんていう思いから、近くにあったホットヨガスタジオに通いました。 そして、その後、教える気もなく、自分の知識を深めるために養成講座をとりました。 そこで、ヨガポーズ基本やコツ、体の解剖や使い方、哲学などを学び、毎回のヨガレッスンの時により体を意識して、力を入れて、緩めることができるようになり、よりインテンション(意図)を持って受けることができたんです。 もちろん、インテンションなんて決めずに気持ち良さに体を任せることもあります(^^) バンクーバーには、素晴らしいヨガの先生がたくさんいて、クラスの始めに先生が話してくれることを聞くのがとても楽しみでした。そういう話や考え方もスーッと体に入ってきて、マットの上だけではなく、普段の生活にも適応していったのです。 私にとって、ヨガや瞑想は、毎日の生活をそして人生をより向上していく、より豊かに幸せになっていくための、たくさんある手段の中のひとつにすぎません。   だからこそ、今まで何もハマったことのない、続いたことのない私にしては長く続いているかなぁ思います。笑   京都に春光院というお寺があります。そのお寺の川上副住職さんは、「世界中のトップエリートが集う禅の教室」という本の著者です。 副住職さんは流暢な英語で、瞑想クラスをされていて、以前クラスに伺ったことがあります。 その時のブログはこちら 自分のフィルターを外し、物事をありのままに見るということ その時にこんなことをおしゃっていました。 「瞑想を自分が目指すものとして、自分より高い位置に置いて、それを追いかけていたら、それはいつかあなたに害を与えるでしょう。あなたを幸せにする一杯のコーヒーやアイスクリームや、家族との時間。瞑想はそんなあなたを幸せにするものと全く同じなのです。あなたと同じ位置にいます」     ヨガも同じだと私は思っています。 より豊かに幸せに、力を入れすぎずに生活していく手段を増やしていきませんか? 無制限アクセスのオンラインコースだから、いつでも何処でも自分のペースでヨガを学ぶことができます。初心者の方にも分かりやすく、経験者の方にはよりヨガを楽しむことができるようにつくった盛りだくさんのコースです。まだまだ寒い2月、お家でヨガを学んでいくには最適の季節です(^^)↓(クリックしてね!)https://arisa-kubota.mykajabi.com/basicyoga1

Yoga

静寂な幸せホルモン「セロトニン」と体の動きの関係

  「セロトニン」という言葉を聞いたことがある人は多いと思うけど、セロトニンは”静寂な幸せ”に深く関係している脳内物質。 「ドーパミン」という言葉も聴いたことがあると思うけど、こちらは”ドキドキ、ワクワクの興奮の幸せ” と呼ばれる脳内物質。 セロトニンは脳幹と言う場所にあるセロトニン神経から分泌されています。実際はホルモンではないのですが、身体に影響する作用が大きいことから”幸せホルモン”なんて呼ばれています。   セロトニンの作用 1、大脳皮質に作用して、脳を適切な覚醒状態にする。頭がスッキリ冴えた状態になる。 2、心に影響をあたえて、心のバランスを整える。 3、自律神経のバランスを整える。 自律神経の中枢は脳幹にあり、セロトニンが分泌される場所です。 4、姿勢筋の働きを良くしてくれる。 姿勢筋とは、抗重力筋とも言われ、重力に逆らって様々な部位を引き上げてくれる筋肉らしいです。セロトニンは見た目の美しさにも関係するみたい! 5、痛みの調節。 自前の鎮痛剤と言われています。 詳細は東邦大学医学部、有田秀穂先生のこちらの記事をご覧ください。   身体の中枢は、セロトニンが分泌される場所と同じ「脳幹」にあります。 お腹を動きを意識した複式呼吸や、歩行、サイクリング、ジョギングなどのリズミカルな身体の動きはセロトニン分泌に重要といわれています。 身体の感覚に意識を持っていったり、呼吸を意識したりするヨガの動きは、セロトニン分泌と関係がある!だから、ヨガをしていると、興奮することがあるわけではないのに、 「ハァ。太陽があったかくて幸せだな。。。」 なんていう、内側からじわーっいう静かな幸せを感じることが多くなるのかなぁ。 なんて思ったりする。     それぞれ1日1回押していただくとブログランキングに反映されます。どうぞご協力お願いします!自分の心身をいたわる時間を作る人が増えるといいなぁ。   おうちヨガの時間を習慣にしていきませんか?ヨガで自分のからだと心に優しくなれたら、きっと人にも優しくなれるはず。こちらからニュースレター登録をしてくれた方に40分ヨガプレゼントしています!おうちヨガの時間を是非登録してね♡  

Yoga

ゴールを持たないということ

「ヨガを始めて1年経つのですが、体も硬いし、成果らしいものが感じられません。何か良い方法はありますか?」 という質問を時々もらうことがあります。 ヨガのゴールは体が柔らかくなることではないと思っています。 ヨガジャーナルのような美しいポーズができることでもないし、 逆立ちのポーズができるようになることでもない。 ゴールを設定して、そこに向かっていくことはとても大事だと思うのね。 でも現代社会、全部それじゃない? 目標達成の社会。 仕事でも、家庭でも。 筋トレでは、目標の体になるために、鍛えたい筋肉をつけるために頑張って、 マラソンをしている人は、タイムを目標にする人もいるかもしれない。 だからヨガをしている時くらいは、ゴールを持たずに、ただ呼吸とともに動いて、体を感じる。 終わった後にスッキリしているかもしれないし、もしかしたら良い気分で終われない時もあるかもしれない。その期待もせずに。 いつもできなかったポーズは今日は簡単にできたり、その逆でいつもできるポーズが今日はできないかもしれない。それもどっちでもいい。 ここの筋肉をストレッチしてやろう!とか、この痛みをとってやろう!とかそういう目的も持たずに。 ただ体に意識を向けて動かして、狭い場所やつまっている場所に空間を作っていく。 奥歯の力を抜いて、ポーズに溶け込んでいって、呼吸に意識し、「今」を生きる。 スローダウンして、普段外向きの意識を、自分の内へと持っていく。 そうすると、いつの日か、 体に対して感謝したり、 頭の中の思考や感情を、第3者的にただ見守ることが上手になったり、 心の周りに自分を守るために作った壁が少しずつとれていって、人間関係が自然と良くなったり、 人生で起こる、コントロールできない出来事に、慌てふためいて反応するのではなく、落ち着いて呼吸をして対応できたりするかもしれない。 他の分野での目標達成への強いメンタルが鍛えられるかもしれない。 いつの日か、 体も柔らかくなるかもしれないし、体重が減るかもしれないし、綺麗なポーズができるかもしれない。 ゴールを持たずに、感じる時間。 それがヨガだと私は思う。 Don’t think, Feel!  by Bruce Lee それぞれ1日1回押していただくとブログランキングに反映されます。どうぞご協力お願いします!自分の心身をいたわる時間を作る人が増えるといいなぁ。 LINE始めました! 忙しい12月、瞑想の時間を作ろう!ということで「朝の10分瞑想」をお友達になってくれた方にプレゼントしています。 こちら、アプリの定期購読でも人気だった瞑想のひとつです。 こちらからお友達になってくれたら嬉しいです! おうちヨガの時間を習慣にしていきませんか?ヨガで自分のからだと心に優しくなれたら、きっと人にも優しくなれるはず。こちらからニュースレター登録をしてくれた方に40分ヨガプレゼントしています!おうちヨガの時間を是非登録してね♡

Blog

【エナジードリンクのかわりに!】たった5分で疲労回復するヨガポーズ

  ヨガの最後には必ず、”シャバアサナ, Savasana(死体のポーズ)”があります。 このポーズはとても大事で、この時間中にそれまでの練習で得た効果を体が最大限に吸収すると言われています。 10−20分の昼寝(Power nap, パワーナップ)は疲労回復に最適と言われています。 パワーナップ後には、記憶力や仕事の生産性が向上しするという報告もあり、毎日行うことによって、心身の疲れ、エネルギーの燃え尽きを避けることができます。   休むことは私たちの体と心にとても必要なことなのです!   でも忙しい現代社会。週末になれば休むことなく子供とでかけなれればいけない、接待ゴルフがあってぺこぺこしなければいけない。ママなんかは247の仕事です。 「休むひまなんてなーいんだよ!」なんていう人も多いかもしれません。 また以前こちらで書いたように、「何もしずに休むこと」に罪悪感を感じる人もいたりするのではないでしょうか? 「仕事が楽しすぎて休みたくないんだよーーー!」 そんなあなた、最高です! でも10分休息をとるだけで、より集中力、生産性が高まって、燃え尽き症候群をさけられるなら、ちょっと休もうかな。って思いませんか?   今日はオフィスでも学校でも家でも椅子と机があれば簡単にできる2つのポーズを紹介します。 どちらのポーズの時も大事なことは呼吸に集中すること。 こちらにも書いたようにゆっくりと安定した呼吸は、ストレス時に働く交感神経とは逆の神経、休息時に働く副交感神経が優位になり、体と心を穏やかな状態に持っていきます。 体が、 「今はOffの状態に入っていいってことね、ありがと(^▽^)/!」 ってな感じになるわけ。  ☆5分でできるスーパーリチャージポーズ☆ 【ポーズ1】 必要なもの:椅子と机 時間:3分 1. 靴や靴下をぬげそうな場所であればぬぎましょう。 両足をべたっと床につけ、椅子の端に腰掛けます。 2.両腕を机の上に置き、ゆっくりと前に倒れます。 おでこを腕の上につけて、頭を休めましょう。 あごを少しだけ胸のほうに向けます。 目を閉じましょう。 鼻から息をすって、 口からでも鼻からでも、自分のあうほうで息をはきだしましょう。 吐く息で、腕、頭の力をぬいて、机にゆだねます。 3分くらいしたらゆっくりと起き上がり、数回深呼吸をしましょう。   【ポーズ2】 必要なもの:椅子 時間:2分 1.足を骨盤幅、少し広いくらいにひろげ、足を床につけます。 2.胸が太ももにつくまで、ゆっくりと体を前に倒します。 頭はだらーんと、腕はだらーんと床におろします。 目を閉じましょう。 鼻から息をすって、 口からでも鼻からでも、自分のあうほうで息をはきだしましょう。 吐く息で、力をぬき重力に任せましょう。自分でストレッチをするのではなく、重力にストレッチをしてもらう感じです。 2分くらいたったらゆっくり起き上がりましょう。 このポーズは軽い逆立ちのような効果をもたらすので、少しくらくらするかもしれません。 起き上がってからもゆっくり呼吸を続けて下さい。   ちょっとした休息時間を作るだけで、体も心もスッキリします。休息時間をつくって体をリラックスさせることも、練習です。ぜひトライしてみてください♪   参考図書: Relax & Renew , Judith Hanson Lasater ph.D.   ウェルネス To GoのFacebook ページはこちら。Likeをぽちっとしてくれると嬉しいです! ブログランキングに参加してみちゃいました。ぽちっとクリックしていただけるととっても嬉しいです! ←ポチッとこちらをお願いします。 人気ブログランキングへ

Free Yoga Video

【おうちでヨガ】10分朝ヨガ

  前回のビデオから間が空きすぎてしまいましたが… 10分モーニングヨガのビデオです。 寝ている間は、リラックスしていると思っても、実は結構筋肉が緊張していたりします。 朝起きて、自分の筋肉やカラダを優しくゆり起こしてあげるような、そんな感じをイメージしてやってみてください。 「伸ばしてやろーじゃないの!」 とか 「ストレッチしてやろーじゃないの!」 というように、力づくでポーズをしていくのではなく、 結果を期待しずに、ポーズのなかに”Ease”をみつけて、ポーズにリラックスしていく。   「あらま、ここ堅いじゃないの。じゃ、ゆっくり呼吸してあげるわね♪」 みたいに、カラダと対話しながら、ゆっくり呼吸しながら。(⌒-⌒)  そしたら、その結果、自然にカラダがほぐされたり、ストレッチしたりするものだと思います。   人生も一緒だね。 何かしてやろう!!と思うのではなく、 「こうなりたい!こうしたい!」 という思いやゴールは、決めたらそれは手放し、 そこにたどり着く過程を、 力を入れすぎずに、楽しんで、瞬時瞬時を生きたら、 こうなりたい!って思っていたことが叶っていたりする。 「今」を生きる。 そんなことをヨガで学ぶ。   ウェルネス To GoのFacebook ページはこちら。Likeをぽちっとしてくれると嬉しいです! ブログランキングに参加してみちゃいました。ぽちっとクリックしていただけるととっても嬉しいです! ←ポチッとこちらをお願いします。 人気ブログランキングへ      

Blog

【ヨガで人生勉強!】つながること

  バンクーバーは、この週末は「プライドデー, Pride Day」でプライドパレード、いわゆるゲイパレードが行われました。レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンンダー(LGBT)が「プライド」を持ってお祝いする日です。 毎年3連休になるこの週末は様々なイベントが行われ、特にLGBTが多いデイビーストリートは人と活気に溢れていました。   そんな賑やかな週末、先日受けた日本で有名なヨガ講師、綿本彰先生のワークショップの内容をふと考えました。 ヨガはストレッチ法、健康法だとか、ダイエット法だとか、運動だとか、色々言われているけれども、私にとってヨガはライフスタイルであり、人生の勉強。ヨガを通して人生のこと、考え方、色々なことを学んだ。 私は、ヨガで大事なのは、ヘッドスタンドができることでも、マットの上でヨガジャーナルのような軽やかで綺麗なポーズをすることでもなく、どれだけ体が柔らかいかってことでもなく、マットを降りた時にヨガで学んだことをどうやって人生に生かしていくかだと思っている。 そして、もうひとつ。私にとってヨガをする時間は「自分と向き合う時間」。自分の気持ちに気づいたり、体の状態に気づいたり、呼吸とポーズを通して私の体と心を繋げる。   ちなみに「Yoga」は「To connect, 繋ぐ」という意味。 「ヨガ哲学は絆を育む哲学」 と彰先生は言います。 不安、緊張、恐怖、怒り、嫉妬、苦しみなどの感情や思考、またエゴなどは繋がりを阻む。 ヨガとは「繋がりを阻むものを取り除くこと、そして繋がること」   他人と繋がる前に、まずは自分自身と繋がらなければいけない。 自分自身と繋がるってどういうこと? 等身大の自分を受け入れること。 等身大の自分を受け入れるとどうなるの? 自分を認めているのだから、もっと周りに対してオープンになって認めることができる。 周りに対してオープンになって認めるってことは、周りともっと繋がることができる。   私達の身体には、育った社会環境、両親の考えや価値観、文化、習慣、経験などから、繋がりを阻むような感情、思考、エゴが蓄積している。 関節には色々な感情が貯蔵されると言われているし、 怪我をした筋肉ひとつをとってもその筋肉は緊張して怖がっているわけだよね。 ヨガをしながら、少しずつ関節を動かしたり、筋肉をストレッチしてあげたりしながら、そうやって蓄積している「繋がりを阻むもの」をとりのぞいていく。 タマネギの皮をむくみたいに、一枚ずつ一枚ずつ。 きっとかなりの忍耐と時間はかかるけど。 そうすると、まずは自分との繋がりを阻む物がとれていって、自分を受け入れることができる。 周囲に対してオープンになれて、他人も受け入れられる。 そして繋がれる。   それがヨガなのだ。 マッサージを受けることも、ヨガに似ていると私は思っている。筋肉や体が少しずつリラックスして開いていくことで、心も開いていく。 ヨガは、常に自分に正直になり、嫌な自分も、ネガティブな自分も認めて、ありのままの自分を全部受け入れる練習。 その結果、ハートが開いて、自分のことがより分かったり、周りの人や考えにもオープンになれるんだろうな。なんて思う。 レズビアンでもゲイでも、バイセクシュアルでも、トランスジェンダーでも、男でも女でも、肌の色の違いも、国籍の違いも、宗教の違いも、考えの違いも、地球人でも宇宙人でも、自分の好きな所も嫌いな所も、まずはそんな自分を認めて受け入れて、そして周りも認めて、繋がる。 恋愛関係でも親子関係でも人間関係すべてに言える。 自分を認めて受け入れることからすべては始まる。 私達はみんながみんな違うからこそ、繋がれるだよね! 人種も性別も関係なく、みんなが楽しく集まってお祝いしているこの日に、そんなことを思う私。毎年同じようなパレードなんだけど、なんか好きなんだよね。 こんなオープンな街に住めていることに感謝! Be who you are. Accept who you are. Be gay(happy)! (*´∇`*) *Gay,ゲイはhappyという意味もあるのだよ。