瞑想、マインドフルネス

brooke cagleMind

期待を手放すことは今を生きること

  何かを初めてやった時のことを思いだしてみてください。 ヨガクラスを初めて受けた時でもいいし、 YouTubeの動画で初めてお家でヨガをやった時のことでもいい。 自分の続いている趣味を初めてやった時とか 初めて瞑想をしてみた時とか、 初めて踏み入れる土地に入った時とか、 最初のデートでもいい。(^○^) ドキドキワクワク、楽しみを持ちながら、 どうなるか想像もできないことに少し不安も持ちながら、でも一瞬一瞬を楽しむ。 その結果 「うわ!私これ好きだわ!」 って一瞬で恋に落ちるかもしれないし、 「うーん、何かピンとこなかった。。。」 ってなるかもしれないし、 「好きかなぁ、嫌いかなぁ。。わかんない。でも何かもう一回やってみたいかも。。」 ってなるかもしれない。 初めて何かをやる時に、 どうなるかという期待をする人って 少ないんじゃないかなって思う。 初めてやる時に期待をするのは、 だいたいの場合、 前に体験してよかったからとか、 誰かがすごいよかったって言っていたとか、 本に良いって書いてあったとか。 それは、自分で試してみるきっかけには なるけれど、 自分が好きか嫌いか、どう思うかは 自分で判断するしかないから、 私が初めて何かをやる前や、 初めて何かの講座に参加する前は 終わった後の期待を全部なくすようしている。 初めての体験が とっても良いものだったとする。 例えば、それがヨガだったとして、 またやりたい!って思って、 2度目のヨガクラスを受ける。 この2回目では 「1回目で味わえた感覚がまた味わえる!」 っていう未来への期待を持つ人が多い。 そんな期待がいっぱいで受けた2回目のヨガクラス、 1回目とはインストラクターが違って、 最初の経験とは違うヨガクラス。 自分が凝っている部分には全然フォーカスしないし、 使う音楽は好きじゃないし、 なんだか集中できない。 もちろん終わった後のすっきり感は、1回目とは違う。。。 なーんだ、、、がっかり。。。 あのインストラクターもあんまりだったな。   こんな経験少なからずあるんじゃないかな。 「なんかがっかり。。。」 その思いは、 ヨガが起こしているものではなく、 インストラクターのせいでもなく、 ただ自分かもっていた期待と違っていたというだけ。 これはヨガだけではなくて、 自分に対しても、相手に対しても 人間関係でもそう。 私達は、勝手に期待をして、 それと違うと、相手を責めたり、 あんまりだったね。。。 とジャッジしがちだけど、 そうじゃないんだよね。 期待を外してみてみると、 もっといろんなことが見えてくる。 期待をしないということは、 自分の決断を人のせいにせず 自分で責任をとるということ。 自分の期待と違うクラスだったとしても、 そこから学ぶことはいっぱいある。 何をする時も、人間関係でも、 期待を捨てて、 毎回初めてやる時の気持ちで、 一瞬一瞬の感覚を味わう。   瞑想やヨガは今を感じる練習。   Arisa流マスターマインド瞑想&ヨガ 最高の自分になる21日間、12月14日まで期間限定発売中! シンプルで楽しい瞑想とヨガで、 さらに自由に、豊かに、幸せに生きて行こう! Photo by Brooke Cagle on Unsplash それぞれ1日1回押していただくとブログランキングに反映されます。どうぞご協力お願いします!自分の心身をいたわる時間を作る人が増えるといいなぁ。   おうちヨガの時間を習慣にしていきませんか?ヨガで自分のからだと心に優しくなれたら、きっと人にも優しくなれるはず。こちらからニュースレター登録をしてくれた方に40分ヨガプレゼントしています!おうちヨガの時間を是非登録してね♡

background photoYoga

静寂な幸せホルモン「セロトニン」と体の動きの関係

「セロトニン」という言葉を聞いたことがある人は多いと思うけど、セロトニンは”静寂な幸せ”に深く関係している脳内物質。 「ドーパミン」という言葉も聴いたことがあると思うけど、こちらは”ドキドキ、ワクワクの興奮の幸せ” と呼ばれる脳内物質。 セロトニンは脳幹と言う場所にあるセロトニン神経から分泌されています。実際はホルモンではないのですが、身体に影響する作用が大きいことから”幸せホルモン”なんて呼ばれています。 静寂な幸せホルモンセロトニンの作用 1、大脳皮質に作用して、脳を適切な覚醒状態にする。頭がスッキリ冴えた状態になる。 2、心に影響をあたえて、心のバランスを整える。 3、自律神経のバランスを整える。 自律神経の中枢は脳幹にあり、セロトニンが分泌される場所です。 4、姿勢筋の働きを良くしてくれる。 姿勢筋とは、抗重力筋とも言われ、重力に逆らって様々な部位を引き上げてくれる筋肉らしいです。セロトニンは見た目の美しさにも関係するみたい! 5、痛みの調節。 自前の鎮痛剤と言われています。 詳細は東邦大学医学部、有田秀穂先生のこちらの記事をご覧ください。   身体の中枢は、セロトニンが分泌される場所と同じ「脳幹」にあります。 お腹を動きを意識した複式呼吸や、歩行、サイクリング、ジョギングなどのリズミカルな身体の動きはセロトニン分泌に重要といわれています。 身体の感覚に意識を持っていったり、呼吸を意識したりするヨガの動きは、セロトニン分泌と関係がある!だから、ヨガをしていると、興奮することがあるわけではないのに、 「ハァ。太陽があったかくて幸せだな。。。」 なんていう、内側からじわーっいう静かな幸せを感じることが多くなるのかなぁ。 なんて思ったりする。 【セロトニン脳健康法】―呼吸、日光、タッピング・タッチの驚くべき効果 有田秀穂   それぞれ1日1回押していただくとブログランキングに反映されます。どうぞご協力お願いします!自分の心身をいたわる時間を作る人が増えるといいなぁ。 LINEでぜひお友達になってね! 朝の10分瞑想もプレゼントしています(^^)