自分の弱さ

サイレントトリートメントLove

深く親密な人間関係をもつ4つの方法

人間はつながって生きていく生き物だ。 親子、友達、パートナー、夫婦、彼氏彼女、上司、部下… 人と人との関係、コネクションなしでは、幸せで健康な人生は生きていけない。人とのコネクションこそが、私達の人生に目的、意味をもたらしてくれる。 「人と深くつながるには、あるがままの自分をさらけだすこと」 とブレネー・ブラウンは彼女のTED talk「The power of vulnerability, (邦題)傷つく心の力」のスピーチの中で述べている。 彼女のトークはユーモアもあってかなり面白い。 私達は他からどう見られるかを気にしがち。 夫婦間がうまくいってないのに素晴らしい夫婦のふりをしたり、精神的に病んでいるのにそれが「恥ずかしい」と思って隠したり、常にポジティブでいないと…と無理してポジティブぶったり、facebookに「いいな」と人から思われるステータスのみをポストしたり、見栄をはったり… と色々なマスクをかぶって、あるがままの自分を隠そうとする。 人と深くつながり、よい関係を築くためには以下の4つのことが必要とプレネー・ブラウンさんは言います。 1. Have the courage to be imperfect. 不完全な自分を受け入れる勇気をもつ 2. Love ourselves first then others. 自分に思いやりをもち、そしてその次に他人を思いやる まずは自分を愛して、自分に優しくしない限り、他の人(子供や家族を含む)を愛し、思いやることは不可能です。 3. Let go of who we think we should be to become who we are. あるがままの自分を受け入れるために、自分はこうであるべきだという考えを手放す 4. Embrace vulnerability. 心のもろさ、弱さを受け入れる   「Vulnerability, ヴォルナビリティー」とは「心のもろさ、弱さ、不安」のこと。 誰にでもあるこの心のもろさ、弱さを人はなかなか見せない。 「愚痴を言っているように思われたら嫌だ」 「ネガティブだ、弱い人間だと思われたくない」 「言ってひかれたら嫌だし…」 恥や恐れや意地がある。恋愛のかけひきなんかもこの弱さに入ると思う。 「すごく好きだって言いたいけど、今言ったらなんか私ががっついてる感じがするし、相手の出方を待とう…」 これも実は拒否されたら…っていう弱さではないかな。   私は昔から親にも弱さを見せたり、自分の深い話をしなかったので、今も心のもろさをさらけだすのは苦手かもしれない。でも幸運にもそんな自分を見せても、ジャッジせず、評価せず、暖かく包んでくれるダンナさんや多くの友達のおかげで、深い人間関係ができている。そしてその人間関係は私の幸せな人生を築きあげてくれている。 私達の多くは心のもろさをを見ないように、その感情を麻痺させる。 でも感情を選択的に麻痺させることはできないそうで、心のもろさを麻痺させるとそれと同時に、知らないうちに喜び、感謝、幸福などの感情も麻痺させてしまう。 「心のもろさは喜び、愛、革新、創造性、変化が生まれる場所でもある」 とブラウン氏は言う。 自分の弱さを認めることは強さ。 そして、自分の弱さを認められると、ダンナ、友達、子供と他の人の弱さもジャッジしずに温かく受け入れられるではないだろうか。 親に頼み事をする時、親と話す時、英語がスラスラ話せない時、自分の思うようなマッサージができなかった時、えらそうなことをブログに書いて毎日ヨガとかしてそうなのに、実は全然しない時もある自分、実はとことん怠け者な自分、時々このブログ誰が読むの?って思う…笑… など。 私自身弱い自分を感じる時もネガティブな感情がでる時もある。 それを感じて認めて、人に依存することなく、改善したければその方向に自分でもっていく。人間らしくていいじゃないの。 みんなはどんな時に心のもろさを感じる?     LINE始めました。 こちらからお友達になってくれたら嬉しいです! https://line.me/R/ti/p/%40arisakubota