Uncategorized

Uncategorized

久々のブッククラブ!〜日本を支配する世間様=空気

日本最終日、私の前を歩いていたサラリーマン風のおじ様が、ジョン・レノンの”イマジン”を鼻歌で歌いながら、コナミスポーツに入っていく姿を見ながらなんだか笑顔になった。 「カローシ(過労死)」が有名で、世界からはなんだか暗い雰囲気の日本だけど、happyな人はいっぱいいる。ちなみに以前紹介した「映画happy – しあわせを探すあなたへ」では東京の「カローシ, Karoshi 」の問題が取りあげられていて、(またこれが少し暗い感じを醸し出しているのだけれど…)私の旦那はこの映画を見た次の日に、 「日本はコロシ(Koroshi )なんて言葉があるんだね。悲しいね…」 と言っていて、「殺し?どんなヤクザ映画を見たんだろう??」と不思議に思っていた私だったが、その後で過労死だったことが判明した…( ̄Д ̄;; 日本滞在は忙しかったけど、大勢の素敵すぎる友達に会って刺激をいっぱいもらった。結婚式でかわいい弟の幸せな顔を見れたし、とても可愛い穏やかな奥さんにも初めて会えたのは本当に嬉しかった。毎日スケジュールを詰め込みすぎて、体調管理が全くできておらず、最後にはバンクーバーではめったに崩さない体調を崩し、喉の痛みと咳を和らげるために飛行機の中では飴をなめ続け、「鼻がつまっている時は下降する時に耳が痛いよ」という元フライトアテンダントの友人の言う通り、下降時に耳がめちゃめちゃ痛くなり、その後耳抜きがぜんぜんできないという事態に陥った… そして最近はありがたいことにマッサージが忙しいけれども、体調は改善しつつある。 英語の勉強とは本当にはてしなくて、英語に触れる機会を少しでも多くするために日本語の本は時々しか読まないようにしているけれど、日本では必ず本を購入する。日本語版のkindleでも買えばもっと簡単に日本の本も買えるんだろうね。今回購入した中の一つはこちら。 ツイッターで発見し、一度読んでみたいと思った。なんか題名だけみると、えらく日本の悪口が書かれているような本ですが… 日本の働き方のこととかはあまりよく分からないけれど、共感した部分は第4章の『日本を支配する「世間様=空気」という独裁者』。 これはカナダ(北米?)に住んだことのある人は必ず思うことだと思う。人は人、自分は自分。あなたの意見ももちろんわかるけど、私はこう思うわ。なんて言う会話が、お酒を飲みながらも繰り広げられる。でもその後で気まずい関係になることはなく、ただ意見を交換しているだけ。 『「自分は自分、あなたはあなた」ですから、キャリアパスも自由闊達です。歴史学者をやっていた人が突然家具職人になったり、中卒で建設業を幅広くやっていた人が不動産で一発あてて高校に入り直し、大学院まで進学して今は大学の教授をやっている、銀行員をやりながら映画制作会社をやっている….(抜粋)     ここでは「世間」を気にしないので自由なのです。失敗しても死ぬことはないさ、ぐらいの感覚です』 世間体を気にする人ももちろんいる。でも特にバンクーバーのように、「多様性」が多く、白人、スパニッシュ、中東、アジア人などがこんなに入り交じって生活していると、「違うのが当たり前」になる。日本に「空気」が存在したり、どこかに「所属」しなければいけないと考えたり、人と違うことを言ってはいけないと考えるのは、この筆者の言うように『日本には多様性がないから』というのがひとつの理由かもしれないと思った。でも多様性がないことは、みんながまとまりやすく、信頼しやすいという利点でもある。 私は日本が好きだ。日本は世界に誇れるよい所がいっぱいある。毎回日本に行くと感じる。今日本に住みたいかと聞かれたら今は違うけれども… 海外に住んでいると、自分の国を第3者的に見る。こういう本を読んだり、逆に日本が誇れることが書いてある本なども読んで、双方の意見を理解し、色々な意見を聞いて、旅行に行ったり、住んだり、違う世界を見たりして、自分はどう思うか、改善したいところがあればどう改善していけるのかを考えていくことは大切なのかなと思う。 土曜日のバンクーバーは裸で自転車に乗る人であふれていた。もちろん何かのプロテストだけど… 自由すぎるだろ! 街を歩けばマリファナの匂いがする… あぁ、バンクーバーに帰ってきたね…( ̄ ̄∇ ̄ ̄) ここで一句。

Uncategorized

ブッククラブ〜スターバックス成功物語

ブッククラブMonday~!……. 月曜ちゃうやん!( ̄□ ̄;)!! って感じですが、もう何曜でもいいです…. 本読みましょう。 スターバックスの創設者/CEO、ハワード・シュルツの最初の本 『Pour Your Heart Into It』 直訳は『心(情熱)をそそぎこめ』的な感じ。 『Pour』はコーヒーなど液体を『そそぐ、つぐ』の意味なので、心とコーヒーをかけたよね〜っていう勝手な解釈をしております… 邦題は…. 『スターバックス成功物語』(・口・)! なんでそーなるの?セクシーな題名がセクシーじゃなくなってしもうたやん。。ま、インパクト、説得力はあるかも。 1999年に出版されたこの本には、彼の生い立ちから、どうやってスターバックスを創設し、ワールドワイドにしていったかなどが書かれています。 実は、まだ読みきれてない… あと4分の1くらい残ってる。だって、途中から株の話とかでてきて難しくなっちゃったんだもん…。しかも英語…っていう言い訳。 すべての要素が合わさって、スターバックスの成功はあるのだろうけど、私が感動したのは、ハワード・シュルツは社員をとても大事にし、社員からの信頼も熱く、チーム全員で成功をおさめたいと願いっているというところ。 バンクーバーのスタバで働いている人はみんな楽しそうで、 『お店で働いている人がHappy であれば  接客もよくなり、  お店の雰囲気もよくなり、  お客さんも、そこに行きたいなとか、居心地がいいからいたいなと思う』 という論理なのだと思います。これってどんな接客業でもすごく大事。 《スターバックスCEOハワードシュルツの社員についての名言》*ツイッターより抜粋 ”社員が会社の使命に共感し、成功したチームの一員として誇りを持ってほしいというのが、私の当初からの願いだった。この願いを実現するためには、目的を明確に定めるとともに、全社員の意見に耳を傾ける必要がある。” ”利益だけを考える企業は従業員を道具のように扱い、コストを低く抑えようとする。容赦なく首切りをする経営者が一時的に自社の株価を上げる場合がよくある。そんな経営者は社員の士気を低下させるだけでなく、革新を阻み、会社の発展を支えてきた大切な人たちとの心の絆を断ち切っているのだ。” ”社員の信頼を勝ち取るには、次のことを実行する以外にない。誠実な態度で社員に接し、事業計画に対する理解と情熱を分かち合うことが必要なのだ。そして、最後までやり遂げ、約束したことは必ず実行しなければならない。約束が絵空事でないことを身をもって示さなければ、誰もついて来てはくれない。” スターバックスは同性婚を強く支持しているのだけど、ついこの間、スターバックスの株主総会で、投資家に 『スターバックスの同性婚支持のせいで株価が下がった!』 と言われたのに対し、シュルツ氏は 『ここは自由な国だ、売りたかったら売って他社の株を買ってください。ありがとう。』 と言ったそう。その発言後、拍手がわき起こったとか。詳しくはこちら→CNNニュース 影響されやすい私は、スターバックスがますます好きになり、スターバックスアプリを使い(日本にもあるかわからないのですが、お金を入れてアプリから支払う事ができ、スターを集めることができる。ゴールドになるととても色々な特典があるのですよ)日々通う毎日…. スタバの思うつぼやん!!( ̄▽ ̄;)!!ガーン